少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。

その、これまで当たり前のようにあった「部活」というものが、将来的には無くなってしまうのでは?という、少々寂しいニュースが・・・

少子化の影響は部活動にも及ぶ

自民党のスポーツ立国調査会(会長=馳浩・元文部科学相)は6日、「運動部活動の抜本改革に関する緊急提言」を取りまとめた。
中学校の運動部活動を、地域スポーツと一体化することを掲げており、8日に林芳正文科相に提出する。
出典:朝日新聞デジタル

先輩、後輩の厳しい上下関係を学ぶのも中学の部活から、そういった日本の学校教育の文化みたいなものが、変わっていくというのも時代だからしょうがないと思う反面、どこか寂しい気持ちにもなるが・・・

「少子化の影響で、単独校では十分な部員を確保できない」
「非科学的で過度な長時間練習によって学業との両立が困難になっているケースもある」
「教員が多忙で、主に若手を中心に顧問になることを避ける傾向がある」
これらの問題点を解決するため、学校単独の活動としてではなく、民間スポーツクラブやスポーツ少年団、総合型地域スポーツクラブの活動と一体化していくことを目指す。
出典:朝日新聞デジタル

かつては、休憩時間にしか水分補給をさせないなど、部活動ならではの「理不尽」さも、今となっては良い思い出だが、そもそも、ほとんどの部活の顧問は専門外の教師であり、根拠のない指導がされるのは当たり前の状況であった。

そういった「理にかなっていない」やり方が、奇しくも少子化という問題と共に変わっていこうとしているのだ。

オリンピック後は、日本のスポーツ教育の転換点

異常に上下関係だけが厳しくて、球拾いばかりさせられたり、最近ではそういった「精神論」を盾にした、非効率な「修行」に割く時間を「無駄」だとする声も多く、そうしたスポーツや職人の育成に関しても賛否がある。

そうした時代の流れで、教師の負担にもなっているとされる、学校の「部活」そのものの在り方が、今、問われているということは「正しいスポーツ」を学校で教えることに限界がきているのかもしれない。

ただ、競技人口だけが多くても、世界で戦える選手が育たないというのは、長年の日本のスポーツ教育の課題でもある。

英才教育的なやり方だけではなく、日本のスポーツにおける「裾野」という意味では、学校の部活というのも役割は大きかったが、これからは、学校や地域からでも、専門的に正しい方向に導けるシステムが必要だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  2. 今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
  3. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  4.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
  5. 民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…

おすすめ

  1. 【衆院選2017】民進党が再結集?まやかしの野党再編!選挙後は希望から絶望へ?

    今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…
  2. 高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  3. 厄年の南キャン山里を襲う【アニサキス胃腸炎】その原因と正体は!?

    年末年始の「食っちゃ寝」生活で、正月ボケを引きずっている人も多いのではないだろうか。 そして、何か…
  4. 【鹿島】ACL敗退で監督解任!昨季2冠も不安定?タイトルに隠された選手の不満

    出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベス…
  5. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  6. 賞味期限は過ぎた?『松坂大輔』が最低年俸で中日へ!復活への期待も厳しい現実

    高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  7. 離党ドミノ【民進党】前原代表と北朝鮮の関係に疑惑!不可解な美女接待に弱み?

    今月、民進党の新たな代表となった前原誠司氏(55)に、またもや不可解な疑惑が持ち上がった。 先日、幹…
  8. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
ページ上部へ戻る