安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

アムラー

90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈美恵』のスタイルやファッション。

彼女が日本の音楽界のみならず、社会に与えた影響は計り知れない。

そんな女性アーティストきっての「カリスマ」である彼女も、今年はデビューから25年、年齢的にも40歳と言う節目を迎えている。

突然の引退発表がアムロ世代に与えたショック

筆者は安室と同い年である。

今回の引退発表は、安室奈美恵に憧れ、追いかけた、少し下の世代とはちょっと違う感情を持って受け止めた。

今彼女と同じ40歳を迎えている、いわゆる77年組というのは、割と先駆者的な人が多い。

サッカーの『中田英寿』や、今年インディ500で優勝という快挙を果たした『佐藤琢磨』などがそうで、同い年のこういった人たちの活躍からは常に勇気を貰っていたが、その中でも『安室奈美恵』の、いつまでも一線で活躍するカリスマ性、衰えないルックスやスタイルに、なにか同い年であることが誇らしいような特別な感情を抱いていた。

そんな、同い年の希望の星が引退を発表したのだから、心穏やかで居られるはずがない。

身体的にも精神的にも「もう若くはない」ことを受け入れ、少々考え方を変えていかなければならない難しい時期であり、秋風に虚しさを感じるようになった今日この頃、そこに飛び込んできた『安室奈美恵』引退のニュース。

何か、自分が感じてきた「時代」というものが、急に終わっていくという寂しさ覚え始めた・・・

勝手に人生を乗っけたカリスマへのリスペクト

10代の頃から注目されて、25年間もカリスマとして気を抜けない生活が続いていたのだから、普通の人が想像もつかない程の苦労もあったのだろう。

ずっと同い年の希望として「頑張ってくれ」なんて勝手なことを思っていても「お前が頑張れよ」って話なのかもしれない。

例の上西小百合議員がいう「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」ってことなのかもしれないが、それでも人間というのは、同い年だったり、同郷だったり、ちょっとした共通点があることで赤の他人でも近く感じたり、好きな芸能人やスポーツ選手、クラブチームなんかに勝手に人生を乗っけてしまう生き物なのだ。

筆者は積極的に安室のファンであった訳ではないが、昔からその存在は常に意識していたし、近年でもリオ五輪ではテーマ曲を歌っていたり、現役バリバリでいる姿には無意識に安心感を覚えていた。

それだけ彼女は、目には見えなくとも同世代に大きな影響を与えたということだ。

◇  ◇  ◇

僕らにとって誇らしかったカリスマの引き際が、このように訪れるとは思わなかったが、引退までの残り1年で『安室奈美恵』の凄さが世間に再確認されることは、寂しさもあるが、嬉しいことでもある。

同い年として、またファンとは違った気持ちで残りの活動を見守っていきたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  2. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  3. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  4. 基本的に「隣国同士は仲が悪い」というのは定説だが、日本と韓国というのは、そういった中でも特に難しい関…
  5. 今月22日に投開票がされる衆院選も、各党、本格的な選挙モードに突入しているが、今回の選挙で特に注目さ…

おすすめ

  1. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  2. 本田翼を無視した女優?暴露で波紋!テレビの名前を伏せればOKという悪い風潮

    普段、あまりバラエティなんかに出ない女優が、たまに出てきてはチヤホヤされ、調子に乗っては下品な振る舞…
  3. そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  5. ただ歩くだけでは運動にならず?効果的なウォーキングを始めよう!

    体のあらゆる変化により、運動不足を痛感させられることは現代人にとってのよくある話。 しかし、これま…
  6. 【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

    出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  7. 響きだけでイケてる?果たして損か得か!イケメンっぽい苗字ランキング!

     平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  8. 映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
ページ上部へ戻る