安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

アムラー

90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈美恵』のスタイルやファッション。

彼女が日本の音楽界のみならず、社会に与えた影響は計り知れない。

そんな女性アーティストきっての「カリスマ」である彼女も、今年はデビューから25年、年齢的にも40歳と言う節目を迎えている。

突然の引退発表がアムロ世代に与えたショック

筆者は安室と同い年である。

今回の引退発表は、安室奈美恵に憧れ、追いかけた、少し下の世代とはちょっと違う感情を持って受け止めた。

今彼女と同じ40歳を迎えている、いわゆる77年組というのは、割と先駆者的な人が多い。

サッカーの『中田英寿』や、今年インディ500で優勝という快挙を果たした『佐藤琢磨』などがそうで、同い年のこういった人たちの活躍からは常に勇気を貰っていたが、その中でも『安室奈美恵』の、いつまでも一線で活躍するカリスマ性、衰えないルックスやスタイルに、なにか同い年であることが誇らしいような特別な感情を抱いていた。

そんな、同い年の希望の星が引退を発表したのだから、心穏やかで居られるはずがない。

身体的にも精神的にも「もう若くはない」ことを受け入れ、少々考え方を変えていかなければならない難しい時期であり、秋風に虚しさを感じるようになった今日この頃、そこに飛び込んできた『安室奈美恵』引退のニュース。

何か、自分が感じてきた「時代」というものが、急に終わっていくという寂しさ覚え始めた・・・

勝手に人生を乗っけたカリスマへのリスペクト

10代の頃から注目されて、25年間もカリスマとして気を抜けない生活が続いていたのだから、普通の人が想像もつかない程の苦労もあったのだろう。

ずっと同い年の希望として「頑張ってくれ」なんて勝手なことを思っていても「お前が頑張れよ」って話なのかもしれない。

例の上西小百合議員がいう「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」ってことなのかもしれないが、それでも人間というのは、同い年だったり、同郷だったり、ちょっとした共通点があることで赤の他人でも近く感じたり、好きな芸能人やスポーツ選手、クラブチームなんかに勝手に人生を乗っけてしまう生き物なのだ。

筆者は積極的に安室のファンであった訳ではないが、昔からその存在は常に意識していたし、近年でもリオ五輪ではテーマ曲を歌っていたり、現役バリバリでいる姿には無意識に安心感を覚えていた。

それだけ彼女は、目には見えなくとも同世代に大きな影響を与えたということだ。

◇  ◇  ◇

僕らにとって誇らしかったカリスマの引き際が、このように訪れるとは思わなかったが、引退までの残り1年で『安室奈美恵』の凄さが世間に再確認されることは、寂しさもあるが、嬉しいことでもある。

同い年として、またファンとは違った気持ちで残りの活動を見守っていきたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  2.  日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
  3. ガンバ大阪の長谷川監督が今シーズン限りで辞任する。 ホーム(市立吹田サッカースタジアム)最終戦となっ…
  4. サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…
  5.  先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…

おすすめ

  1. 話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  2. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  3. 希望の党が第二民進党化?有権者無視で得意の揉め事!人のせい?呆れた小池批判

    やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…
  4. 打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  5. 相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

     世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり…
  6. アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
  7. ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  8. これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(前編)

     2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
ページ上部へ戻る