安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

アムラー

90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈美恵』のスタイルやファッション。

彼女が日本の音楽界のみならず、社会に与えた影響は計り知れない。

そんな女性アーティストきっての「カリスマ」である彼女も、今年はデビューから25年、年齢的にも40歳と言う節目を迎えている。

突然の引退発表がアムロ世代に与えたショック

筆者は安室と同い年である。

今回の引退発表は、安室奈美恵に憧れ、追いかけた、少し下の世代とはちょっと違う感情を持って受け止めた。

今彼女と同じ40歳を迎えている、いわゆる77年組というのは、割と先駆者的な人が多い。

サッカーの『中田英寿』や、今年インディ500で優勝という快挙を果たした『佐藤琢磨』などがそうで、同い年のこういった人たちの活躍からは常に勇気を貰っていたが、その中でも『安室奈美恵』の、いつまでも一線で活躍するカリスマ性、衰えないルックスやスタイルに、なにか同い年であることが誇らしいような特別な感情を抱いていた。

そんな、同い年の希望の星が引退を発表したのだから、心穏やかで居られるはずがない。

身体的にも精神的にも「もう若くはない」ことを受け入れ、少々考え方を変えていかなければならない難しい時期であり、秋風に虚しさを感じるようになった今日この頃、そこに飛び込んできた『安室奈美恵』引退のニュース。

何か、自分が感じてきた「時代」というものが、急に終わっていくという寂しさ覚え始めた・・・

勝手に人生を乗っけたカリスマへのリスペクト

10代の頃から注目されて、25年間もカリスマとして気を抜けない生活が続いていたのだから、普通の人が想像もつかない程の苦労もあったのだろう。

ずっと同い年の希望として「頑張ってくれ」なんて勝手なことを思っていても「お前が頑張れよ」って話なのかもしれない。

例の上西小百合議員がいう「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」ってことなのかもしれないが、それでも人間というのは、同い年だったり、同郷だったり、ちょっとした共通点があることで赤の他人でも近く感じたり、好きな芸能人やスポーツ選手、クラブチームなんかに勝手に人生を乗っけてしまう生き物なのだ。

筆者は積極的に安室のファンであった訳ではないが、昔からその存在は常に意識していたし、近年でもリオ五輪ではテーマ曲を歌っていたり、現役バリバリでいる姿には無意識に安心感を覚えていた。

それだけ彼女は、目には見えなくとも同世代に大きな影響を与えたということだ。

◇  ◇  ◇

僕らにとって誇らしかったカリスマの引き際が、このように訪れるとは思わなかったが、引退までの残り1年で『安室奈美恵』の凄さが世間に再確認されることは、寂しさもあるが、嬉しいことでもある。

同い年として、またファンとは違った気持ちで残りの活動を見守っていきたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-2-19

    「NHKの桑子アナが消えた?」の話題に反応?和田正人のSNSに登場の勘違い

    『ブラタモリ』のアシスタントで注目を集め、今では『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、NHKの…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  2. 先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  3. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  4. 今年も、師走に入るやあっという間にクリスマス、それを過ぎればバタバタと大晦日で正月を迎えることになる…
  5. やっぱりと言うべきか、先の衆院選で惨敗を喫した『希望の党』でゴタゴタが始まった。 代表の小池百合子…

おすすめ

  1. 不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  2. 【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

    『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  3. 【坂上忍】とんねるずの後番組でMCに起用?嫌われてもテレビで重宝されるワケ

    今年3月での終了が決まっている、フジテレビの『とんねるずみなさんのおかげでした』(以下、みなさん) …
  4. ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…
  5. 【無印良品】歯ブラシスタンドがペン立てに!使い方色々ミニ植木鉢に多肉植物も

    出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  6. 【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  7. 中田翔がFAで争奪戦?果たしてそこまでの選手?日本の主砲にしては寂しい数字

    北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  8. 【高橋一生】マスコミのゴリ押しに違和感あり!本当にイケメン?セクシー萌え?

    出典:MY Promotion Inc. 『高橋一生』という俳優をご存じだろうか。少し前なら、名前…
ページ上部へ戻る