安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

アムラー

90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈美恵』のスタイルやファッション。

彼女が日本の音楽界のみならず、社会に与えた影響は計り知れない。

そんな女性アーティストきっての「カリスマ」である彼女も、今年はデビューから25年、年齢的にも40歳と言う節目を迎えている。

突然の引退発表がアムロ世代に与えたショック

筆者は安室と同い年である。

今回の引退発表は、安室奈美恵に憧れ、追いかけた、少し下の世代とはちょっと違う感情を持って受け止めた。

今彼女と同じ40歳を迎えている、いわゆる77年組というのは、割と先駆者的な人が多い。

サッカーの『中田英寿』や、今年インディ500で優勝という快挙を果たした『佐藤琢磨』などがそうで、同い年のこういった人たちの活躍からは常に勇気を貰っていたが、その中でも『安室奈美恵』の、いつまでも一線で活躍するカリスマ性、衰えないルックスやスタイルに、なにか同い年であることが誇らしいような特別な感情を抱いていた。

そんな、同い年の希望の星が引退を発表したのだから、心穏やかで居られるはずがない。

身体的にも精神的にも「もう若くはない」ことを受け入れ、少々考え方を変えていかなければならない難しい時期であり、秋風に虚しさを感じるようになった今日この頃、そこに飛び込んできた『安室奈美恵』引退のニュース。

何か、自分が感じてきた「時代」というものが、急に終わっていくという寂しさ覚え始めた・・・

勝手に人生を乗っけたカリスマへのリスペクト

10代の頃から注目されて、25年間もカリスマとして気を抜けない生活が続いていたのだから、普通の人が想像もつかない程の苦労もあったのだろう。

ずっと同い年の希望として「頑張ってくれ」なんて勝手なことを思っていても「お前が頑張れよ」って話なのかもしれない。

例の上西小百合議員がいう「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」ってことなのかもしれないが、それでも人間というのは、同い年だったり、同郷だったり、ちょっとした共通点があることで赤の他人でも近く感じたり、好きな芸能人やスポーツ選手、クラブチームなんかに勝手に人生を乗っけてしまう生き物なのだ。

筆者は積極的に安室のファンであった訳ではないが、昔からその存在は常に意識していたし、近年でもリオ五輪ではテーマ曲を歌っていたり、現役バリバリでいる姿には無意識に安心感を覚えていた。

それだけ彼女は、目には見えなくとも同世代に大きな影響を与えたということだ。

◇  ◇  ◇

僕らにとって誇らしかったカリスマの引き際が、このように訪れるとは思わなかったが、引退までの残り1年で『安室奈美恵』の凄さが世間に再確認されることは、寂しさもあるが、嬉しいことでもある。

同い年として、またファンとは違った気持ちで残りの活動を見守っていきたい・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  2. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  3. 昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  4. 韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  5.  今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…

おすすめ

  1. 朝日奈央って誰?さんま御殿でウザい女と炎上!ガヤもアイドリングの悪影響か?

    突然、SNSのトレンドに『朝日奈央』という名前が!! アイドルに疎いながらも、かつて『アイドリング…
  2. 年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
  3. 【エアコン故障】自己判断は危険?費用に修理をためらう?ガス漏れなら5年保証も!

    6月、梅雨に入りジメジメとした蒸し暑さを感じる季節。エアコンの使用を始めるという家庭も多いだろう。 …
  4. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  5. 外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  6. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  7. 格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  8. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
ページ上部へ戻る