【エアコン故障】自己判断は危険?費用に修理をためらう?ガス漏れなら5年保証も!

6月、梅雨に入りジメジメとした蒸し暑さを感じる季節。エアコンの使用を始めるという家庭も多いだろう。

そんな、当たり前のように動いてくれたエアコンが、いざ不調に陥った時にはそれはもう不安やら、不快やら・・・この記事は、先日、不調に陥った我が家のエアコンが修理をけた時の体験記である。

自己判断は危険!修理をためらっていると思わぬ損も・・・

 エアコンに不具合が起こったとき、いかに文明の利器に頼りきっていたかを身に染みて感じるが、そうも言っていられない!

 昨今の暑さは、人の身体にとって危険となる場合もあり、たとえ苦手であっても適度にエアコンを使いながら夏を越さなければならない。

 そしてまた、暑くてジメジメとした季節がやってきた!

 さあ、今年も夏の強い味方、エアコン(クーラー)の出番だ!

なぜ床が濡れてる?エアコンからボタボタ垂れてくる水に冷や汗・・・

 そんな耐えられない暑さが迫る中、我が家のエアコンが夏を目前にして危機を迎えた。

 6月に入り、日中30度に達しようとしていたある日。

 フィルターの掃除をして、今年初めてエアコン(クーラー)のスイッチを入れた。

 そして部屋の温度が下がるのを待ったが、思ったより鈍いような気がした。

 さらに設定温度を下げて数分待つが、あまり涼しさの実感がなく、むしろ湿度が上がり不快にさえ感じられた。

 すると、何やら音がする。

 「ボトっ、ボトっ」と、何かが落ちるような音が・・・

 不審に思い、エアコンに近づくとビックリ!床がビショビショに濡れている!!

 エアコンの方に目を向けると、吹き出し口の上、前面パネルの隙間から、水が涌き出るように染み出ているではないかっ!

 購入して5年くらいは経っているが、まだ新しいという感覚を持っていたエアコンなだけに、「えっ!マジ?」といった驚きと、暑さの不快さもあって、冷や汗ものであった。

 思えば去年にも、少々水滴が垂れることはあったが「結露かな?」くらいにしか思わず、その都度、吹き出し口のあたりを拭いて済ませていたが、おそらく、その時点で不具合は出ていたということだろう。

 当然、1年のメーカー保証など過ぎてしまっているので、多少の出費は覚悟の上、早速、メーカーのサポートへ連絡、修理依頼をした。

 サポートに症状を伝えると、出張費と合わせて1万5千円程度は掛かりそうだという。

 まあ、2万円くらいまでなら「買い替えるよりは良いだろう」と思っていたので、5シーズンしか持たなかった腹立たしさはあったが、しょうがなく修理費用は受け入れるしかない。

知らないと損?保証期間5年が適用される修理とは?

 夏を前にしてメーカーも忙しい時期だが、翌日には修理に来てもらえる事となった。

 そして翌日、エアコンの様子を見てもらうと、フィン(熱交換器と言われる、前面パネルを開いてフィルターを外すと現れる金属部分)の大半が冷えていないという。

 フィンが冷えないと、そこに付いた水滴がエアコン内部(排出するためのトレイ)には入って行かずに弾かれるため、前面パネルや吹き出し口の隙間から漏れてくるらしい。

 そのフィンが冷えない原因は、冷媒ガスの漏れであるという。

 さあ!原因が分かった所で「ガスの補充」という作業をすることに。

 だが、その作業後、フィンは冷えるようになったものの、水を流してみても多くは水滴となってフィンに残ってしまい(弾かれる)完全には改善されなかった。

 筆者の頭には、修理不能?(買い替え?)もしくは、修理費用がかさむ?ことも頭によぎったが、修理の方(以後、Sさん)が室内機(冷媒系統)自体の欠陥を疑い始めた。

♠そこで、Sさんが一言。

  「購入日は分かります?」 

♣筆者

  「えっ?」 

  「リフォームをした時に色々片付けたので、説明書も保証書もどこかにいっちゃいまして・・・」 

  「でも、1年の保証期間は過ぎてるし、延長保証には入ってませんよ?」 

♠Sさん

  「いや、本体の冷媒そのものの故障なら保証は5年なんです」 

  「ガスが漏れているのは確かなので、今、補充して多少改善しても、また徐々に漏れていく可能性が高い」 

  「漏れているのが室内機なら、冷媒系統ごと(室内機の中身)交換した方がいいんですが・・・」 

 案の定ガス検知器を、フィンに通っている冷媒ガスの管に近づけると反応が!

♠Sさん

  「やっぱりココから漏れてますね」 

 そこで、保証書は無くても、購入日さえハッキリして、5年以内だと分かれば保証期間内として無料で交換出来るという。 

♣筆者

  「でも、買ったのも夏前の5月か6月だったと思うので、ギリギリかも・・・」 

 2011年モデルというのは本体に書いてあるので、ちょうど5年目なのは分かっている。

 それに、購入したのが夏前だったという記憶はあるので、5年目が終わる寸前の微妙な時期にあたるというのは、なんとなく察した。

 これはもう「購入したお店に問い合わせるしかない!」と思い、急いで確認。

 何年前までのデータを残しているのかは分からないが、とにかく聞くしかないので早速電話し事情を離すと・・・

♥お店の人

  「分かりますよ~お名前は?支払い方法はなんでしたか?」 

 と、頼もしい声が!それに答えると・・・

  「はい、分かりました。○○の○○○(エアコンのメーカー、型番)ですね!」 

  「2011年の6月・・・30日です。」 

 「よしっ!!!」

 修理日は2016年の6月11日だったので、あと20日で保証期間が切れるという、まさにギリギリセーフ。

 こうして、購入日の確認が出来た所でSさんは

  「じゃあ、今日やっちゃいましょう!」 

 と言い、営業所まで部品を取りに行ってくれた。

 その後、一旦エアコン本体を壁から取り外し、フィンと一体になっている冷媒系統(内部を丸々)の交換をする作業となった。

 素人目には結構大がかりに見えたが、手際良く30分ほどで終了。

 約5年使用し、多少カビ臭さも出てきていたエアコンの内部(フィンも含めて)が一新され、室内機的には、ほぼ新品同様となった。

 修理は、来るだけでも出張費が掛かると言われていたが、保証が適用され、すべて無料。

 部品を取りに帰った時間も含め、3時間近くも我が家のエアコンの修理に費やしてくれたSさんには感謝だ。

今回はラッキー?でもユーザーとして知っておきたい事

 今回のケースでも、修理する人によっては応急的にガスの充填だけで終えてしまうような場合があるかもしれない。

 特に、不具合の場所によって5年の保証期間があるというのを知らない客だと分かれば、あえて教えてまで大掛かりな作業はしたがらないかも・・・

 今回は、たまたま良い人に当たったが、人によっては気休め程度の修理だけで修理代金を払わされる、その可能性は無きにしもあらずだ。

 これでは「ガスが漏れている」という根本は解消されていないので、また近いうちに故障する。

 再び修理が必要になり、そこで冷媒系統の交換が必要だと言われても、もはや5年の保証期間は過ぎているので、数万円の修理費が掛かるだろう。

 なにより、それまでの修理費や出張費が無駄になる。

 こうして、費用の掛かる修理を繰り返せば、結果的に買い替えるより高くつくなんて事もありえるので、消費者として知っておいた方が良いことはあるのだ。

自己判断は危険
よく、水漏れが発生すると、外に排水するドレンホースの詰まりや、室内機の水を受けるトレイの汚れを疑って、自分で解決しようとしてしまう。

また、そのような場合の対処方法を教えてくれるようなサイトがあったりするが、あまりお勧めできない。

もちろん、自己対応できる場合もあるが、まずは、メーカーや専門家に症状を伝えて見てもらうことが、結果として一番の近道となる。

5年保証があることを頭に入れておく
室外機や、そこへ繋がる配管からガス漏れが発生しているならば、取り付け時のミスや扱いに問題があった可能性もある。

そういった場合や、機械的な不具合ならば基本は1年程度のメーカー保証となる。(販売店の長期保証などオプションがなければ頼るものはこれしかない)

だが、室内機の配管に関しては、製品そのものの初期不良が考えられ、その場合、中身の交換が必要である。

その、不良に気づくまでのリミットが5年という事。

 

「このエアコン、家にある他のと比べて、ちょっと冷えが弱くない?」

「湿度が下がらない」

「水が垂れてくる」

といった不満があれば、5年を超える前に、1度メーカーに問い合わせ、点検をしてもらった方が良い。

特に修理の必要が無くても、出張料の3000~4000円程度で済み、何より安心できるだろう。

 10年単位での使用を考えるエアコンは、5年で折り返しだ。

 そこから、あと5年使えるかは、折り返しの時点で、正常に機能しているかを、確認する必要がある。

 とにかく、自宅のエアコンに「あれ?」と思うような事があれば、ためらわずに1度見てもらいましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-1-23

    『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

    出展:フジテレビ 『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があ…
  2. 現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  3. 2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  4. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  5.  早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…

おすすめ

  1. サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

    今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  2. 【韓国】慰安婦像が大量発生中!もう慰霊の意味などない?度を過ぎた嫌がらせか

    出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街中…
  3. 【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

    『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  4. 【平昌五輪】チケットの販売不振が深刻!寒すぎるメーン会場での対策とは?

    平昌(ピョンチャン)オリンピックの開幕まで3カ月を切り、さぞ盛り上がりを見せているであろう韓国。 だ…
  5. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  6. ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  7. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  8. 【B’z】シェーンとバリーはファンも認める正規メンバー?超絶ドラムと家族動画

    〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
ページ上部へ戻る