高齢者ドライバーの免許更新はゆるい?女子高生が85歳に車ではねられる理不尽さ

9日朝、群馬県前橋市で、85歳の男性が運転する車が自転車に乗った女子高校生2人をはねるという事故があり、はねられた2人は意識不明の重体となっている。

小さな事故を繰り返す高齢者も免許更新?あまい検査に疑問も

この事故を起こした85歳の男性は、認知機能検査を経て昨年10月に免許の更新を行っていたという。

だが、男性の家族は「壁をこするなどの小さな事故を何度も起こしていたため、免許を返納するよう家族で促していた」と話しており、危険があることを認識していたようだ。

いわゆる、相手がいないまでも、自身の車を傷つけるなどの異変はあったという事。

結局、こういった記録に残らないような危険な兆候があったにも関わらず「認知機能検査」だけで「スルー」され免許の更新がされていた。

そうして、今回のような悲劇が起こってしまったのだ。

85歳が10代を2人も・・・

今回、前橋で事故にあったのは、通学途中だった16歳と18歳の女子高校生。

目立った持病なども確認されていない。原因が判然としない中、川端容疑者は「気がついたら事故を起こしていた」などと供述している。

出展:産経新聞

年齢を考えれば、持病なんかなくても身体的にいつ何が起こってもおかしくはない。

しいて言えば、85歳が子供の行きかう道路で車を運転していたという事実が問題であり事故原因だろう。

農作業の為に、誰も通らない農道を運転しているのとはわけが違うのだ。

もし2人に何かがあれば、将来に出来るであろう子や孫ということまで考えると、失うのはただの2人だけではないということ。

それだけ重大であるにも関わらず、もはや85歳では、罪に問うたとしても、それを償う時間さえほとんど残されていない年齢であり、悔やんでも悔やみきれない、理不尽ともいえる事故なのだ。

事故は起こってからでは遅い

家族がどれほど本人に運転を止めるように言っていたのかは知らないが「もうそろそろ」なんて思っているうちに、危険は迫っており、重大な事故がいつ起こってもおかしくはない状態だったと言えるだろう。

それだけ「車」というものは危険であり、細心の注意が必要なもの、そういった認識を本人は元より、周囲は感じるべきだろう。

だが、なかなか家族の指摘だけでは、免許証の返納や、車を手放すまでに至らないケースも多く、やはり行政で「NO」を突きつけなきゃいけない場合もある。

それでも、80歳を超える高齢者に、簡単な「認知機能」の検査だけで、更新させているのが現状なのだ。

運動機能、動体視力、空間認識、持病(血圧など)これら、80歳も超えてくれば、本人の自覚する以上に、さまざまな機能に衰えは出てくるもので、認知機能だけで運転に支障がないと考えるのは危険だということ。

とにかく、事故にあった2人が回復してくれることを願うばかりだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-3-9

    アメトーーク!『B’z芸人』放送記念!30周年を機に改めてその凄さを知ろう!

    1988年にデビューした『B'z』は、今年30周年を迎えている。 もちろん、日本のポップカルチャー…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  2. 最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  3. Jリーグは現在2ステージ制で行われている。リーグ戦の日程が終わると、チャンピオンシップ(以下、CS)…
  4. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  5. 東京都中央区にある、都立『泰明小学校』 この単なる、いち公立小学校が、新たに導入する制服(アルマー…

おすすめ

  1. 浦和レッズが悪い!開き直る韓国に世界が呆れる?済州の暴挙に乱闘の詳細、真実

    先月31日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメントのラウンド16、『浦和レッズvs.済…
  2. サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

    今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  3. 『ドムドムバーガー』は生きていた!新規出店に歓喜!懐かしのゾウさん復活へ

    筆者は『ドムドムバーガー』と聞いて、激しく懐かしいと思う世代である。 私は勝手に40代前後の世代を…
  4. 【NHK紅白】ウッチャン奮闘も視聴率は時代の流れに逆らえず?全世代型の限界

    2018年の三が日に早くも昨年末のテレビ番組の視聴率が発表されたが、取り分け注目されるのは、NHKの…
  5. 【浦和レッズvsシャペコエンセ】後味の悪さをサポーターが救った感動の光景!

    出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、そ…
  6. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  7. テレビの嘘『キリトルTV』読唇術で本人確認もせず放送?ダルの指摘に番組終了か

    テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…
  8. 『香取慎吾』趣味のファッションはハイブランドばかり?無神経さが今後に影響か

    今や「元SMAP」という肩書となった『香取慎吾』『草彅 剛』『稲垣吾郎』。 3人は、ジャニーズ事務…
ページ上部へ戻る