ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。

最近、エコやエクササイズの高まりによって、スピードの出るような自転車(ロードバイク)も増え、危険な走行が問題視される部分もあるが、実はそれ以上に普通の自転車(ママチャリなど)の運転マナーの悪さが目に付くことが多い。

それが、スマートフォン(スマホ)の普及による、いわゆる「ながら運転」である。

「ながら~」麻痺した危険意識

何をするにしても、屋外を移動中に「~しながら」というのは危険な行為ではあるが、おもに携帯電話が普及するにつれ、問題として噴出。

その携帯電話が進化してスマホになり、さらに便利になったことで、一時も手放せなくなった人が増え「ながらスマホ」という言葉が生まれた。

そして、こうした言葉により、移動中にスマホの操作をすることの危険性を周知させるため、さまざまな啓発が行われているにも関わらず、事故は今だに増えているという・・・

事故は7日午後3時15分ごろ、同区上麻生で発生。遊歩道から車道へ出ようとした女子学生が、前を横切った無職の女性(77)に衝突。女性は転倒して頭蓋骨を骨折し、2日後に死亡した。

出展:時事通信社

当然、車の運転時にスマホの操作をすることの危険性は、多くの人が理解する所だろうし、罰則も重い。

だが「歩行時」や「自転車の運転時」にスマホを弄ることへの危険意識が低いのが現状で、特に「自転車」に乗りながら、当たり前のようにスマホを持っている人を良く目にし「不快」に感じる人も多いはず。

案の定、今回の事故も、こういった危険極まりない「ながら自転車」によって起こってしまったのだ。

事故当時、学生は左手にスマホ、ハンドルに添えた右手に飲料カップを持ち、左耳にイヤホンをしていた。

「スマホをいじっていた」と話したという。

出展:時事通信社

乗っていたのが普通の自転車よりも加速がつきやすい「電動自転車」であったということも、衝突の際の衝撃が大きくなった要因でもあると考えられるが、スマホ以外に耳にはイヤホン、また、飲み物まで手に持っていたとされ、まさに五感や両手の自由が効かないような曲芸的な状況であり、加害者にはとんでもない過失があったことが伺える。

こういった状況を見ると、この加害者は、普段からいかに危険な状態で自転車に乗っていたのかが想像できるが、おそらく事故を起こした本人にはその意識が全くなかったのだろう。

自転車の危険性を甘く見るべからず

子供から高齢者まで、日常で気軽に乗れる「自転車」だが、道路交通法上は、自動車と同じ車両(軽車両)とされ、原則としては車道を通行しなければならない。

だが、次のいずれかに該当する場合には、歩道を通行することはできる。

  • 「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
  • 運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
  • 安全のためやむを得ない場合

出展:自転車道路交通法研究会

一応、法律上はこうしたルールとなっているが、余程、人通りが多い場所であったり、危険な走行をしていない限り、歩道を通行することが何となく(黙認)許されているようだが、その危険性は十分に認識しなければならず、周囲に気を配り、徐行することは最低限のマナー。

しかし、歩道にしろ車道にしろ「ながら自転車」を平気でやっている人を見かけるが「ひとたび事故を起こしてしまったら、家族を巻き込み大変な事態になるかもしれない」などとという認識は・・・

おそらく無いから出来るのだろうが「人を傷つけてしまったらどうなるのか」という想像力くらいは働かせてほしいものだ。

当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。

出展:産経新聞

当然、自転車と歩行者が接触した場合、そのほとんどの過失は、車両(軽車両)である自転車側になる。

だとすると、自動車で事故を起こした時と同じように高額な賠償金が発生する。

しかも、自転車の場合、保険加入義務もなく、責任能力がない子供も普通に乗れることから、親の監督義務が問われ、容赦なく賠償責任が降りかかる。

本来、こうした事例を知っていれば、怖くて「ながら自転車」など出来るはずもないのだが・・・

「任意保険に加入せずに車の運転が出来ますか?」

普通なら怖くて出来ないだろう。

まあ、自転車の危険性はそこまで高くはないが、少なくとも、想像力が働く人ならスマホを片手に乗るなんてことは出来ないはずだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フンミ…
  2. 車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  3. 今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  4. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  5. 今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…

おすすめ

  1. ながら自転車?スマホ操作し歩行者に衝突!重大な事故を招く意識と想像力の欠如

    今月、川崎市で、自転車と歩行者(女性)がぶつかり、その女性が死亡する事故があった。 最近、エコやエク…
  2. 賞味期限は過ぎた?『松坂大輔』が最低年俸で中日へ!復活への期待も厳しい現実

    高校時代から「平成の怪物」と呼ばれた『松坂大輔(投手)』卒業後に西武ライオンズに入団すると、高卒1年…
  3. 安部首相の演説に起立、拍手が悪い?批判する民進(旧民主)も政権時代に・・・

     先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  4. 乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  5. <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  6. 【平昌五輪】盛り上がってるのに無料チケットばら撒く?隠し切れない関心の低さ

    いよいよ、平昌オリンピック(韓国)が今週に開幕する。 メディアからは、極寒、北朝鮮、デモ、崔順実(…
  7. 給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  8. 少子化は中学の部活動をも無くす?東京五輪の後はスポーツ教育の転換期になる

    まず、中学校に入学して、一番の関心事となるのは「部活動」に入ることだろう。 その、これまで当たり前…
ページ上部へ戻る