『ジャンクSPORTS』復活は、過去の栄光にすがるフジの体質?業界全体の問題も

出展:フジテレビ

『めちゃイケ』や『とんねるずのみなさんのおかげです。』が、今春で終了することが決まっているフジテレビ。

この2番組は、かつてない絶不調にあるフジテレビの中でも、さんざん疲労番組の代表として限界を指摘されていたが、だらだらと延命され、ようやく打ち切り判断が下された。

もはや「遅きに逸した感」もあるが、その春から過去の人気番組だった『ジャンクSPORTS 』を、日曜のゴールデン帯に復活させるというのだから、現在のフジテレビには、新たな番組を生み出す能力も気概もないのかと・・・

なぜ、役目を終えた過去の番組を再登板?

そもそも、番組が終わるという事はそれなりの理由がある。

『ジャンクSPORTS 』は、2000年4月に火曜午後11時放送のレギュラー番組としてスタート、その後、2004年1月にはゴールデンに昇格し人気番組となったが、2010年3月にレギュラー放送が終了。

深夜帯から約10年も続き、一時代を築いた番組であったことは確かだ。

しかし、どんな番組でも終わるという事は、視聴率の低迷だったり、マンネリによる視聴者の飽きだったり、さまざまな理由があったからだ。

どんなに人気を博した番組であっても、長く続ければそれなりに勤続疲労のようなものも生まれる。

まだ、出演者やスタッフなどがモチベーションを保っていれば、新陳代謝を繰り返すなど、様々な手を打って何とか続けようとするだろうが「この辺が潮時」だと、やり切って終わらせるという事もあるだろう。

どちらにせよ、10年もやって終わった番組なら「もうこの辺で良いよね」という、役目を終えたといった感じはあったはず。

そんな、一度終わった番組を、そのまま復活させるしか手が無い、今のフジテレビという局とは一体なんなのだろうか・・・

過去にすがるフジテレビの体質

東京五輪を控えて、アスリートに注目が集まるという所から、こういった(スポーツやアスリートにフューチャーする)ジャンルの番組を作るという趣旨は分かる。

だが、過去の番組(フォーマット)を、そのまま引っ張ってくるという安易さは「クリエイティブ能力が無い」ということを自ら言っているようなもの。

いくら状況が厳しいとは言っても、ようやく『めちゃイケ』と『みなさん』に、大ナタを振るったと思ったら・・・「さあ、これからどうするフジテレビ!?」といった目が向けられている中で『ジャンクSPORTS 』の復活!?「ズコっ!!」みたいな・・・

よく、フジテレビは「過去の栄光を忘れられない」とか「バブリーな時代を再び」なんて雰囲気があると指摘されるが、数年前から、すでに「時代からズレてる」と言われながら、打ち切れなかった前出の2番組だったり、今回のような過去番組の復活は、そういった体質を象徴しているのかもしれない。

枯渇するテレビ!?業界が抱える共通の問題も・・・

まあ、簡単だからね、過去のフォーマットをそのまま使えば、労力もリスクも少なくて済む。成功体験もあるし。

しかし、『ジャンクSPORTS 』の司会者である浜田雅功さんは現在54歳、今でも現役で人気も衰えていないが、元々この番組を始めた2010年の時は36歳だったという事を考えると、目新しさもフレッシュ感も全くない。

まさに、今回の過去番組の復活ということからは、枯渇したテレビ番組と、タレントの人材不足や高齢化など、さまざまな問題点が透けて見えてくる。

お笑い芸人や、タレントは次々と出てはくるが、いかんせん「スター」が生まれていない。

抜け出た人が出にくい横並びの時代において、今だにBIG3(タモリ、たけし、さんま)や、第三世代(ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず)が、大御所として君臨しているのが現状だ。

これらは、フジテレビだけの問題ではなく、テレビ離れが叫ばれる今、業界全体がぶち当たっている課題である。

かつて、BIG3や、第三世代の人たちが作ってきた「テレビがバブリーだった時代」というのは、どこの局も、大なり小なり引きずっていて、最近でも、テレビ朝日が『たけしのスポーツ大将』を復活させていることからも、それが分かる。

結果は惨敗しているようだが、番組の焼き直し以前に、70歳を超えるビートたけしさんを、今だに起用しなければならないというのは、実はテレビ界にとっては深刻な問題として認識すべきだろう。

◇  ◇  ◇

『ジャンクSPORTS 』に話を戻すが、それでも今のフジテレビの惨状を見れば、数字的には「マシ」にはなるのかもしれない。

だだ、個人的には五輪が近いとはいえ「タレント気取りのおちゃらけたアスリートを見たいわけじゃないんだよな~」(好きな選手でもバラエティに出ている姿は見たくない・・・)

あの時(かつてのジャンクSPORTS)は、それが新鮮だったんだけどね。

今は、むしろ「ストイック」なアスリートの方が好まれる傾向にあると思うけど・・・まあ、こういった感覚は、筆者が世間(時代)とズレているのか、テレビがズレなの分からないが・・・

とにかく『ジャンクSPORTS 』の復活が、たとえ成功したとしても、フジテレビの復活というには程遠いという事だけは確かだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2018-5-18

    年商10億の通販王〖保阪尚希〗が抱くさらなる野望?イランのガスで5000億の真相

    最近、壮絶な過去など、何かと話題になる保阪尚希さん。 元々は俳優の彼は、一時期テレビから姿を消し、…
【スポンサーリンク】

注目記事

  1. 小池都知事になって初めての都議会選挙が終わった。 ふたを開ければやはり、小池氏が率いる『都民ファース…
  2. 先日、今期『Jリーグ』の前半戦を終えて、降格圏内に沈む『サンフレッチェ広島』(以下、広島)の森保監督…
  3. 〖B'z〗と言えば、ギターの松本孝弘、ボーカルの稲葉浩志の2人組ユニットとして知られるが、実はここ1…
  4.  『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…
  5. サッカーの東アジアE-1選手権(日本、韓国、中国、北朝鮮)が日本で開催されたが、その最終戦、引き分け…

おすすめ

  1. 車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  2. 【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  3. イッテQで「草刈さ~ん」連呼のイモトが草刈正雄を好きな理由!まさかの共演?

    出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  4. 本当に靴職人!?花田優一の止まらない二世タレント化(笑)俳優にも興味?

    画像:©MeguEntertainment 『花田優一』といえば、言わずと知れた大横綱『第65代横…
  5. 手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  6. 【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  7. 極寒に強風〖平昌五輪〗悪天候に選手も嘆き?深夜に観客もまばら?運営に疑問も

    現在、平昌オリンピックの真っ只中だが、始まる前からメディアに取り上げられるのは、北朝鮮絡みのキナ臭い…
  8. これぞ『コボちゃん』最近の秀逸ネタ!このセンス、視点がやっぱり凄い!

    『読売新聞』で、1982年4月1日から連載が開始され、35年以上、連載数1万2千回を軽く超える、もは…
ページ上部へ戻る