スマホは高い!の常識はもう古い?今が維持費を見直す時!格安SIMという選択

フューチャーフォン(通称ガラケー)からスマートフォン(スマホ)へのシフトが進み、7、8万の端末料金を分割で支払いながら、月額6千円以上の通話・通信費を支払うというのが当たり前となった今、ほとんど使いこなせない年配の方や、子供にまでスマホを持たせなければならないとなると、家計的には死活問題となる。

本当に、そこまでの料金を支払うほどの恩恵を受けているのかさえ麻痺してしまっているのだが、冷静に考えると、メールやLINE、ちょっとした調べものや、暇つぶしをする為に

「こんなに高価な端末は必要なんだろうか?」

「月々6000円も維持費を払う必要があるのか?」

という疑問が出てくるのは自然なことだろう。

スマホの維持費を見直す!

そもそも、携帯電話もない時代には、全く必要のなかった経費である。

便利ではあるが、別に無くても死ぬようなものではない。

もちろん、現代のコミュニケーションツールとして、スマホを手放すことは難しいのも分かるが、だったら、せめてコストパフォーマンス(コスパ)を突き詰めてはどうだろうか?

そこで、まずはキャリアに支払っている通信費の見直し!

これまでの『スマホ=高い』というイメージを覆す、新たな選択肢として『MVNO』と言われる事業者が、今、注目を集めているのだ。

MVNOとは?

『Mobile Virtual Network Operator』を略してMVNO。一般的には『格安SIM』で知られる。

日本語では「仮想移動体通信事業者」と言い、TVCMでも「楽天モバイル」「mineo」「UQ mobile」といった名前は聞いたことがあるのではないだろうか。

これらは「仮想」という言葉が使われているように、日本でキャリアと呼ばれる大手3社「ドコモ(docomo)」「au」「Softbank(ソフトバンク)」(MVO)から、基地局などの設備を借りてサービスの提供をしている事業者ということになる。

キャリアとの違いは?

当然、回線を間借りしているという立場であるため、高速通信はキャリア優先である。

時間帯や混雑状況にによっては、回線速度にストレスを感じる可能性も・・・

だが、その分価格が抑えられており、キャリアでは、ライトユーザーもヘビーユーザーも一元に高額だった料金を、少量通信プランなど幅広い料金設定により、特にライトユーザーにとってメリットが大きいのはMVNO(格安SIM)と言えるだろう。

格安SIMという選択肢

まず、格安SIMを考える上で重要になるのが、月々の通信量だ。

いわゆる「4G」や「LTE」と呼ばれる高速通信を、自分が月にどれだけ使っているのか。

これは、外出時の使い方、自宅や職場の環境にも左右されるので、以外と身近にWi-Fiがあったりすると、思ったほど使用していないことに気づいたりもする。

そこで、基準になるのが「3GB」となる。

なぜ3GB?

格安SIMは、先にも言った通り、キャリアのようなストレスフリーな回線速度は望めない。

要は、人が多く活動している時間帯は、基本、回線に影響が出ると考えておいた方が良いという事。

なので、高画質の動画や、ストリーミング配信などを多く見るからと、格安SIMで大容量のプランを契約しても、望み通りには使えない可能性もある。

一方、キャリアで3GB程度に収まっている人ならば、そもそもインターネットの使用頻度が低かったり、自宅や職場にWi-Fi環境が整っているはずなので、そういった人は、キャリアに必要以上の料金を支払っていることになる。

そう考えると、格安SIMに切り替える基準として「3GB」というのが1つの目安となる。

少量ユーザー必見!LINEはカウントフリーの1GBプラン!

年配の方や、外出時はほとんどメールやLINE、またはSNSでしか使わないという人には最適のプランだ。

LINEモバイル(1GBフリープラン)

キャリアから格安SIMに切り替えるうえで、気になることの1つに、LINEの年齢認証が出来ないということがある。

やり取りしたい人と会って、その場で「友だち追加」をすれば良いのだが、必ずしもそういったシチュエーションばかりではない。

IDや電話番号を交換して、後で検索して追加するといったことや、離れている人を新たに追加したい場合には困ることがある。

今のところ、これを解決できる格安SIMは『LINEモバイル』しかない。

音声通話+データ1GBプランで「月額1200円」というのは、少量利用のユーザーにとって非常に魅力的である。

これだと、維持費はガラケー(3G)とほとんど変わらないため、スマホへの移行をためらっていた年配の方も変えやすいだろう。

むしろ、LTE(4G)になりキャリアのバケット定額プランが必要になったガラケーなんかより、スマホの方が安く持ててしまうくらいだ。

しかも、LINEにのやり取りで使用する通信料はカウントされないという「カウントフリー」は、LINEモバイル独自のサービスであり、価格、サービス面においても、少量プランでは、ほぼ1択といえるかもしれない。

また、使用してみてデータ通信の容量が足りないならば、3GBプラン(月額1690円)への変更が可能なので、まずはお試しで1GBのプランから利用してみても良いだろう。

ガラケーからスマホへの移行、高額な維持費など、格安SIMを取り扱う業者が充実してきた今こそ考えるべき時である。

これまで当たり前だと思っていた価格が本当に適切なのか、今一度見直してみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-10-17

    吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…

注目記事

  1. 安室奈美恵の引退報道後、芸能界の安室ファンを公言する人たちからも惜しむ声が聞かれたが、その中でも、特…
  2.  日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
  3.  子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4.  今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
  5. ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…

おすすめ

  1. 2016-5-19

    コロプラの『桜井日奈子』推しが半端ない!もはや彼女のプロモCM?

     株式会社コロプラの、スマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』。そのテレビCMが、新作…
  2. 2016-6-7

    映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  3. 2016-5-10

    そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4. 2016-12-5

    こんなの欲しかった?「Amazon Dash Button」の目の付け所がスマート!

    日頃愛用している日用品が残り少なくなってくると「買っておかなくちゃな~」とか、思っていても、ついつい…
  5. 2017-9-21

    安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
ページ上部へ戻る