SHISHAMO(ししゃも)ドコモCMで知名度UP!ベタなポップロックが心地いい

ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したところで、突然歌い出した女の子。その3ピースバンド、それが〖SHISHAMO(ししゃも)〗

結構、曲もキャッチーで耳に残り、気になった人も多いのではないか?

ドコモの学割CMで話題

そのCMでは、堤真一と綾野剛の2人がやり取りする会話に「ししゃも」が登場する。

だが、その「ししゃも」の認識は2人の間で異なり、綾野剛は「SHISHAMO」という女の子3人組のバンドの話をし、堤真一は食卓に上がる魚の「シシャモ」を思い浮かべる・・・共に「うまい(上手い、美味い)」という認識だけはは一緒だったが・・・


【ドコモの学割「ししゃも?」篇】

こっちの「SHISHAMO(ししゃも)」は、ライブハウスで歌っていた。

CMで歌っている曲は『明日も』という曲。サビの一部だけしかCMでは聴くことが出来ないが、声も曲もとても気になることは確かだ。

SHISHAMO(ししゃも)とは

Gt.Vo 宮崎朝子(みやざき あさこ)
Ba 松岡彩(まつおか あや)
Dr 吉川美冴貴(よしかわ みさき)

元メンバー Ba 松本 彩(まつもと あや)

結成は高校時代に、宮崎と松本、そして後に吉川が加入して、漢字で「柳葉魚」(ししゃも)というバンド名に。共に同級生だった。程なくして「SHISHAMO(ししゃも)」に改名。

卒業後、本格的にバンド活動を始めるも「バンドは20歳まで」と決めていたベースの松本が脱退。その後、音楽イベントなどで裏方をしていた松岡が、宮崎に誘われ新たなベースとして加入。既存のメンバーとは、学年的には1つ下となる。

新たなスタートを切ったバンドは、夏フェスなどで話題となり、2016年1月には、初の日本武道館単独公演を開催。チケットSOLD OUTし、デビュー2年目、また20歳という若いバンドでは、異例ともいえるスピード。

それでも、フェスや、音楽に対するアンテナ感度の高い一部の若者には知られた存在だったのかもしれないが、一般的にはまだインディーズの域を出ない、無名に近い存在であったことは確か。おそらく世間での認知は、CMでの堤真一のような感じだろう。

筆者も女の子3人組だという情報もないままMVを見たのだが、ドラムの子がボーイッシュすぎて男の子に見えてしまったくらいだ。

だが、ドコモのCMは効いた。曲自体もキャッチーで、いわゆる売れ線。ボーカルの声も心地の良く、個人的には「aikoっぽいな」と思う所もあり、多くの人に好まれる要素を持っている。

結局は「ベタ」が良いんです。ストレートで素直な歌い方には好感が持たれるもの。変に玄人好みの音楽は、時に聴く人を突き放してしまう。近年、音楽も多様化して、チャートを賑わすのはアイドルばかりだし、そんな誰もが知るヒット曲が少なくなった今だからこそ、ベタでポップなロックは身に染みる。

高校の軽音部から出てきた素直なバンドが、原点回帰で奏でるロック。

彼女たちと同年代のファンには歌詞が共感されていることも人気の秘訣だが、やっぱり30代以上の大人に響かせるには曲やスタイルが大事。

スタイルはデビュー当時の「チャットモンチー」に似ているが、「SHISHAMO(ししゃも)」の方がクセが無く、一般受けしそうな要素があるように感じる。

出世作になるか!CM曲「明日も」

すでに武道館でやっているので、出世しているとも言えるのだが、本当の意味でのブレイクは、幅広い世代で聴かれることだと思うので、この曲で一般に浸透することになるかが注目だ。


【SHISHAMO「明日も」】

この曲はホーンセクションを多用し、ソロまでホーンを使っているのは新鮮。

フルで聴くと、曲が良いし、本当にボーカルの声が魅力的。なかなか、ロックバンドでこんなに柔らかさを持ったボーカルは居ないかも。

他にもタウンワークのCMに使われている曲もあるし、これから一気に知名度を上げてくるだろう。

CMに採用されるということは、それだけ曲がキャッチーだということ、それが一般受けするには重要なこと。

若者のみならず、JUDY AND MARYなど、90年代のポップロックを聴いていた世代にも響くだろうし、しっとりした曲は本当にaikoのような雰囲気がある。ぶっ飛んだ曲も出来そうだし楽しみなバンドだ。

SHISHAMO(ししゃも)」どうぞ、お見知りおきを・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサードリンク】

  1. 2017-9-11

    格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…

注目記事

  1.  株式会社コロプラの、スマートフォン向けアクションRPG『白猫プロジェクト』。そのテレビCMが、新作…
  2.  元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  3. 時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  4. 6月、梅雨に入りジメジメとした蒸し暑さを感じる季節。エアコンの使用を始めるという家庭も多いだろう。 …
  5.  2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
ふるさと納税 さとふる

おすすめ

  1. 2017-4-24

    【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

    『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  2. 2016-12-8

    乙武氏も荒れる?田中萌『グッド!モーニング』不倫で降板?局の対応は…

    今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  3. 2016-6-7

    映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  4. 2017-1-18

    外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

    昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュー…
  5. 2017-3-14

    【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

    連日、ワイドショーや情報番組で取り上げられすぎて「とっちらけ」となってしまってたこの『森友学園』の問…
ページ上部へ戻る