<東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

 2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフランス検察当局が捜査に動いているという。

1605-13-01

 IOC(国際オリンピック委員会)、FIFA(国際サッカー連盟)なんかは、もはや誰もクリーンだなんて思ってないですよ。

2020年に予定される東京オリンピックの開催をめぐり、招致委員会側が国際陸上競技連盟(IAAF)のラミン・ディアク前会長の息子が関係する口座に「7ケタ」の金額を支払ったとされる報道について、国際オリンピック委員会(IOC)はコメントを拒否している。

出典:BBC NEWS JAPAN

 そりゃ~あんな競わせるような招致活動をさせたら、最後は「金」しかないというのは、周知の事実だと思いますが。

【スポンサーリンク】
[adsense01]

ディアク氏は1999年から13年までIOC委員も兼ねており、招致決定当時は開催都市を決める投票権を持っていた。

出典:毎日新聞

ディアク前会長はすでにフランス当局に捜査されていた。ロシア陸連によるドーピングを見逃して賄賂を受け取っていたとされ、汚職と資金洗浄の疑いで昨年逮捕された。IAAFのマーケティング・コンサルタントとして父親に雇われた息子のパパ・マサタ・ディアク容疑者も捜査線上に上り、インターポール(国際刑事警察機構)が指名手配している。

出典:BBC NEWS JAPAN

 結局、東京が2016年の招致に失敗した時の教訓て、こういう「金」の事だという認識が、暗黙の了解であったと思うのだが・・・

 IOCは五輪招致をめぐり1999年ソルトレークシティ大会で組織的な汚職の構造が明るみになって以来、規則を全面的に見直し、信頼を回復していた。

 今年2月にはWADA独立委委員長のパウンド元WADA会長(IOC委員、同副会長も歴任)が、IOCに組織的な汚職はないと「ほぼ確信」していると表明。しかしフランス検察はそのわずか1カ月後に、2016年大会と2020年大会の招致手続をめぐり捜査に着手した。

出典:BBC NEWS JAPAN

 ひたすら、IOC委員のご機嫌を取らなければならない招致活動の気持ち悪さは、分かっていても誰も逆らえない、オリンピックをやりたかったら従うしかないという異様な権力組織がIOC。

 それこそ、口座間でのやり取りではない、いわゆる「袖の下」なんかも腐るほどあると考えるのが普通でしょうね。

1605-13-02

 招致活動の時なんかは、IOC委員が立候補の都市を順番に回って視察するのだが、その時には各都市に大接待を受けるのだから、委員の中には王様にでもなったかのような勘違いをしてしまう人もいるだろう。

 ハッキリ言って、これほどの利権が絡む世界でお金にクリーンなんてありえない話。本気で無くしたかったら「くじ引き」にでもするしかない。

 このニュースには、東京はオリンピックを返上すべきだという意見も散見されるが、もしそうなったら、オリンピック自体の意義も疑問視され、存続出来なくなる可能性もある。

 差し迫った、2016年リオオリンピックも、かなりゴタゴタしているようだが、なぜ、たかが2週間のスポーツ大会に、これほど人々は振り回されるのか。

 だが、金にまみれて肥大化したオリンピックに、どこかでストップをかけなければ、世界中の興味は薄れていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-10-17

    吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…

注目記事

  1.  子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  2. 北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…
  3. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  4. 俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて突然発表した芸能界からの引退。疑惑の渦中にあった彼に…
  5.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…

おすすめ

  1. 2017-4-16

    打倒!安倍政権?とんでも経済学者【高橋伸彰】の1日100円節約運動が大炎上!

    これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  2. 2016-5-8

    フジテレビ『OUR HOUSE』野島伸司なのに悲惨な低視聴率のなぜ?

     日曜9時というのは、お茶の間にとって週初めに向けてのリラックスタイム。そこへ、再びドラマ枠を復活さ…
  3. 2016-5-10

    そろそろ大人の塗り絵でも始めません?そうだ!色鉛筆を選ぼう

     子供の頃、誰もが遊んだことのある塗り絵が、今は大人も楽しめると話題になって久しいが、改めて精神的に…
  4. 2016-5-15

    高価な『水素水』の謎!ニセ科学?よく分からない物を信用する不思議

     スーパーやドラッグストアなどで「水素水、入荷しました」と書いて、水素水コーナーさえ設けている所もあ…
  5. 2016-6-3

    これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(前編)

     2016年もすでに6月に入り、早くも衣替えの季節となった。これからジメジメした梅雨、そして今年も猛…
ページ上部へ戻る