【中川俊直】自民離党でも他人に厳しい〖民進党〗蓮舫代表「幕引き許さん!」

不倫や重婚疑惑を報じられた『中川俊直』前経済産業政務官は、自民党に離党届を提出し、受理された。彼のやっていたことは、人としての倫理観のなさは絶望的だが、あくまでプライベートでの話。スキャンダルとして世間を騒がせ、政治家としての説得力を失ったのだから、政務官(役職)の辞任は当然だが、この話題を、政局に絡めようと必死な『民進党』・・・

ホントに「アレ」だね~

相変わらず、自分に「あま~い」民進党

「ブーメラン」

民進党(旧民主党)の得意技と揶揄されるワード。

現在は、非力ながら、一応、野党第一党である民進党。なぜか、上から目線でとても偉そうなのだが、一向に国民の信頼を回復する気配がない。曲がりなりにも、戦後初めて自民党を与党から追いやり、政権を握ったことのある政党。もう、遠い過去のようだが・・・

中川俊直氏の、一連の報道で言われている行いが事実なら、ハッキリ言って「クズ」。これは、世間一般の印象だと思うし、当然、彼の地元の支援者、有権者は怒り心頭だろう。

当選した当時、中川氏は、妻や子供に感謝の気持ちを述べていた。その裏では・・・

「不倫の末、重婚?ストーカーまがい・・・」

詳細は触れないが、とにかく、一番家族に気持ちを寄せないといけない状況でありながらも行っていた行為。まず、人として・・・地元の怒りもわかる。

自民党も、その「ゲスっぷり」に呆れたのだろう「離党やむなし」という考えで、あっさりと離党を許すことに。あくまでプライベートでの行いであり、法に触れる事実もないので、党が処分を下すまでもなく、本人が責任を取ったということで、対応は特に問題は無い。

一般の会社でも、余程能力がない限り、出世コースを外れ、左遷、窓際と落ちぶれ、居ずらくなって退社というパターンになるだろう。倫理感の無さ、ゲスっていうだけでクビには出来ないし、もちろん会社に責任などあるはずもない。

だが、民進党の蓮舫代表は・・・

「離党すれば関係ないというのは無責任だ。政府の一員として政策に責任を持つ立場にあった。党を辞めれば全く責任がないという論理は理解できない」

出典:時事通信社

蓮舫民進代表、離党で幕引きは無責任=松井維新代表は「政局利用やめよ」– 時事通信社

党の責任??

中川氏は、国会議員の活動で何かヤバいことをしたのだろうか?家族や不倫相手を傷つけただけで、仕事上で不適切な行いがあったわけではない。あくまで、本人の倫理感の問題。

これはすべての組織で言えることだろうが、仕事さえマジメにやっていれば、犯罪以外、プライベートで何をしようが知ったことではない(関知しない)。

「問題の幕引きを図ろうとする政府?」

政府は、こんなどうでもいい話の幕引き?を考えるほど暇じゃないと思うぞ・・・

議員を辞めるのも本人次第だし、こういう人間はダメだと言うなら、次の選挙では落とされるだけだ。

「民進党の議員は(過去の女性問題で)辞めていない」日本維新の会の松井一郎代表がナイスなツッコミ!

人の過去は攻めるが、自分の過去を忘れる

少なくとも、政権交代を成し遂げた当時は、多くの国民からの期待を集め、与党になることを許された民主党(現民進党)・・・まさに「二大政党」の幕開けだったはずだが・・・

結局は「理想と現実は違った」というのが、政権を奪うことだけを目的とした政党の末路だった。

責任を負ったことも、感じたこともない、万年野党の理想は、批判され、嫌われながらも「やるときは、やらなければならない」という、国家を担う現実を見てきた自民党の前では、子供(ガキ)の使いでしかなかった。

それを、今だに理解していないようなので、いくら名前を替えたとしても、信用を取り戻すことは出来ない。

国会では、散々過去をほじくり返して責め立てているが、自分たちがしてきた事を棚に上げて正論ぶってるから、まるで説得力がないし、お得意の「ブーメラン」となって帰って来る。

最近ヒステリックが過ぎるので、もう少し「俯瞰する力」(高い所から見下ろすこと。全体を上から見ること。)を身に着けた方がよろしいかと・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサーリンク】

  1. 2017-11-28

    ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…

注目記事

  1. 出典:産経新聞 今年の夏も横浜では『ピカチュウ大量発生チュウ』という、みなとみらい地区を中心に、街…
  2. 出典:ゲキサカ JリーグYBCルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)と、南米のコパ・スダメリカーナの、…
  3. 民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  4. 2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。 …
  5. 最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…

おすすめ記事

  1. 2017-5-18

    【加計学園】これが行政の仕事?「公文書か怪文書か」違和感だらけの中身とは

    岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首…
  2. 2017-5-12

    手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  3. 2017-4-23

    【中川俊直】自民離党でも他人に厳しい〖民進党〗蓮舫代表「幕引き許さん!」

    不倫や重婚疑惑を報じられた『中川俊直』前経済産業政務官は、自民党に離党届を提出し、受理された。彼のや…
  4. 2017-5-2

    【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  5. 2017-4-19

    【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
ページ上部へ戻る