森友、加計で安倍自民叩きに狂ったテレビ!報道の劣化にワイドショーの世論誘導

2012年の12月に、第2次安倍政権が発足してから早4年半、小泉政権以来の長期政権となっている。

民主党が与党から下野し、現在に至るまでの民進党(旧民主)の弱体化も手伝い、安倍政権(自民党)の1強時代となっているのが現状だ。

ある意味、それが、これまでの足の引っ張り合いから脱し、いい意味で政治に安定をもたらしてきたとも言える。

しかし一方で、長期政権による驕り(おごり)からなのか、徐々にほころびも見え始め、次第に反安倍の動きも活発化してきているのが今の状況だといえる。

的確な指摘なき報道のワイドショー化

先の国会では、今までになく荒れたのはご存じの通りだが、それも、政策論争ではない「森友学園」「加計学園」などのスキャンダル的な政権追求に終始したような印象だけを残した。

そして、テレビでは、どこもかしこも「森友~」「加計~」と、朝、昼、晩、毎日のように繰り返し、ニュースのすべてがワイドショーと化してしまったようだ・・・

こうして、決定的に悪い(法に触れる)所が出てこなくとも、憶測のみで疑惑だと言い続ければ、視聴者(有権者)には、政府が「何かを隠しているのでは?」といった印象だけが刷り込まれていく・・・

ワイドショーが世論を誘導してしまうということを、改めて感じるような加熱ぶりだった。

「森友は財務省、近畿財務局のミス」

「加計は特区という制度で、既得権益に手を突っ込まれた文科省、獣医師会の逆恨み」

ハッキリ言って、どちらもこの程度の問題。

そもそも文科省に関しては、数か月前には、天下りが横行しているとして世間から批判に晒されていたところ。

そのような省庁の、天下り斡旋で処分された人間を、さも「勇気ある告発者」のように持ち上げ、永遠と憶測だけで疑惑を作り出し、不毛な話題に執着してきたのがマスコミだ。

結局、不正や法に触れる部分は出てこなかったが、執拗なまでの追求に政府の対応も「おざなり」になり、世論には安倍首相や政府の「説明不足」という印象だけが残ったことで、支持率が大幅に下がるという結果となった。

ある意味、政権批判に舵を切ったメディアからすれば「印象だけで政府の力を削いだ」ということは、成果があったのだろう。

しかし、マスコミの劣化という現実が、一連の報道で鮮明に表れてしまったとも言え、国民にとっては実に不幸なことである。

公共の電波で意図的なミスリードなんてあり?

新聞(一般紙)に関しては、多少政治的な思想、スタンスを各社持ち合わせているが、一定のラインさえ守っていれば、それは、各社の特色として、読者も折り込み済みだろうし、購読するかしないかは自由。

しかし、公共性の高いテレビ(地上波)に関しては、国から(国民の共有財産とも言える)電波の使用を認められている、限られた事業者のみが有する特権のため、新聞や雑誌など出版の自由がある媒体や、インターネットなど、誰もが発信できる権利があるものとは、全く重さが違うのだ。

テレビ報道の責任感のないエンタメ化

本来、材料をすべて公平に出した上で、判断は視聴者(有権者)に委ねるべきだが、最近のワイドショーや情報番組では出演者(コメンテーター)などが主観(印象)でコメントすることが多く、それはミスリードになりかねないと感じることが多々ある。

影響力の大きいテレビでコメンテーターを務めるならば、自ら取材など、情報収集をし、インプットしたものを、公平な立場で精査し、アウトプットするという作業が必要なはず。

しかし、ほとんどは、番組で用意されたVTRを見て感じたことを述べるだけで、番組の意図を汲むような、都合の良い「頷き要因」でしかない。

筆者が、最近それを強く感じたのが、TBSの「ひるおび」という番組で、ある出演者の一言を聞いた時だ。

先日行われた、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査での話題でのこと。

参考人として出席した、前川喜平(前文部科学事務次官)の質疑の模様などを取り上げ、コメントを求められた元スポーツ選手の人は

「堂々とした立ち振る舞いや、発言を聞くとの前川さんの発言のほうが正しいと思える」

そんな漠然とした印象のみで、世の中が流されてしまって良いのか?と耳を疑ったコメントだった。

それを言ったら、初めから疑惑の目で見られている政府側が、いくら真実や正論を言ったとしても、一生信用されないわけだ・・・

これがまさに、今のテレビ報道の現実だと、そのレベルの低さに愕然としてしまった。

今回の加計の件に関しては、特区という制度の進め方や、政府側の説明不足が指摘されるのは否めないが、一方で既得権益側も闇の部分があるわけで、同じく、参考人として出席した加戸守行(前愛媛県知事)の話も公平に取り上げた上で、双方の問題点を指摘しなければならないはずだ。

それを、こっちの方が「見た目が信用できる」とか、アホみたいなコメントを平気で垂れ流す危なさって言ったらもう・・・

詐欺に引っ掛かた人が「スーツを着ていて誠実そうに見えた」と言っているのと同じレベルな訳だ。

視聴者を馬鹿にしたような報道姿勢

また、日テレの夜のニュース番組では、既存の獣医学部を持つ大学にアンケートを取り「政府側との見解が違った」と報道していた。

獣医学部の新設に賛成する大学はなかったと・・・

そりゃそうだろう~

自分達のテリトリーを侵されたくない、もろ既得権益側の大学にアンケートって、番組スタッフは誰もツッコまないのかよ!

さすがに、夜の11時以降にニュースを見るような層に、これを見せるという荒業、逆にマスコミの低レベルさをアピールしているようなもんだろうと・・・

昼のワイドショーを見てるような層と同じように、ダマせるとでも思っているのか?

これをガチでやっているとしたら、報道として本当にヤバいレベルだ。

次第にテレビの中からも冷静な意見が・・・

加戸氏の質疑は、都合が悪いのか、主要なメディアで詳しく取り上げる所は少ない。

しかし、それを自らの意思でちゃん見て、冷静に問題の本質に立ち返っている人も出始めた。

立川志らく氏「ひるおび」にて

「安倍さん憎しであまりものをとらえると、真実が見えなくなる場合がある」

「『安倍さんの言ってることは全部間違ってる!』『全部嘘なんだ!』ってやると、例えば、(安倍首相が)九州の被災地に行ったら『これはパフォーマンスなんだ!』って言っちゃうと、 もう何にも見えなくなってしまう」 

こういったミスリードにより「集団ヒステリー」みたいになるのは危険だと・・・

フジテレビの「ユアタイム」で、解説を務めるモーリー・ロバートソン氏は、メディアのあり方に苦言を呈する場面もあった。

加計問題はさまざまな観点があるとしながらも

「どうしても、野党による内閣への追及ということで、ショーアップに加担して尻馬に乗ってしまったように思います。だから下手をすると、今回信頼を失うのは自民党というよりも、メディアが敗者になる可能性があります」

と指摘。「エンターテインメントと報道を混同してまったのではないか。」と、自分も含めて反省の余地があるといったような趣旨のコメントをしていた。

「ユアタイム」に関しては、開始当初には不満も感じたが、今では、キャスターの市川紗椰氏も独特の雰囲気はあるが、偏ったどこかのキャスターより、よっぽど報道人として役割を果たしているように思う。

「この問題について話す人は、目の前にある材料というよりも、安倍総理が好きか嫌いかだけでポジションを取っているような…」

と、モーリー氏の指摘に対して市川氏も感想を述べたが、実に的確な見方だと納得させられた。

その「好き・嫌い」は、一般の方が持つのは自由だが、本来、正確な情報を伝えるべき「報道機関」は持ってはいけない感情のはず。

特に、公共性の高いテレビ(地上波)では、公平性というのは最低限、守られなければいけないルールだろう。

自浄作用の効かないメディアの行く末

最近は、週刊誌のゴシップ的な話題でも、テレビでは朝から晩まで狂ったように扱い、もはや一度舵を切ったら、真実をねじ伏せてでも、ミスリードを修正しようとはしない。

かつて、メディアが世論誘導して誤った道を進んでしまったという歴史を忘れてしまったのだろうか?

自民党の1強になり「マスコミに圧力をかけている!」と、陰謀論を唱えているような人もいたが、現代においてそれはありえない。

むしろ、政治家を貶めることも出来るマスコミの方が、巨大な権力を有していると見る方が妥当だろう。

安倍政権に驕りがあると指摘されているが、報道の自由を盾に、誰にも犯されない権力を握って、驕り高ぶっているのはマスコミ(大手メディア)の方ではないか?

ただでさえ、テレビ離れが指摘されるなか、モーリー氏が言うように、信頼まで失ったら、もうテレビがメディアとしての役割を終え、淘汰される日が来るのは、そう遠くはないかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2017年 7月 17日

    今に始まったことではないのに大騒ぎ

【スポンサーリンク】

  1. 2017-11-14

    サッカー韓国代表への差別的行為!謝罪も怒り収まらず?騒ぎすぎてブーメランも

    今月10日、サッカーの韓国代表とコロンビア代表が国際親善試合を行った。 試合は韓国のFWソン・フン…

注目記事

  1. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  2. フジテレビ夜のニュース番組『ユアタイム』。始まる前から、キャスター問題でのゴタゴタし、何かと話題にな…
  3. 今年の9月で元SMAPの稲垣五郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、ジャニーズ事務所を出て、独立することが正…
  4. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  5. テレビ朝日系「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」という番組が不定期に放送されているが、今月5日に放送…

おすすめ記事

  1. 2017-5-8

    【差別】京都で韓国人俳優がヘイト被害?勝手に配信されたラーメン店は大迷惑!

    韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  2. 2017-5-19

    【加計学園】民進議員の関与、既得権益は無視?再び忖度を想像する無駄な時間

    学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部(岡山理科大獣医学部)新設をめぐり、森友学園の問題で散々取り上…
  3. 2017-4-19

    【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
  4. 2017-5-2

    【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  5. 2017-5-18

    【加計学園】これが行政の仕事?「公文書か怪文書か」違和感だらけの中身とは

    岡山市にある、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を、愛媛県の今治市に新設する計画について、安倍首…
ページ上部へ戻る