【衆院選2017】野党のお笑いドタバタ劇『希望の党』小池様にすり寄り民進解党?

出典:東洋経済オンライン

今月28日に衆議院解散となるが、第二次安倍政権誕生から、これまで自民党1強、野党の体たらくという流れが固まっていて、なかなか大きな政局にはならず、安定はしていたが、緊張感のない政治状況に変化が見え始めた。

安倍首相が解散を決断するやいなや「大義がない」だのと批判していた野党の「なりふり構わず」な動きが次第に面白くなってきている。

小池百合子様の登場に、居ても立っても居られない民進党!

解散総選挙となり、黙っていられない小池百合子氏が、急遽、若狭勝氏や、民進党を離党した細野豪志氏、長島昭久氏などを集めて立ち上げた新党『希望の党』。

当初、若狭氏が中心となり国政新党を設立すると言われ、おやびんの小池氏も「(国政新党は)若狭氏に任せる」としていた。

この話は、つい最近の9月頭の頃。

それから1ヵ月も経たない内に、いきなり小池氏自らが国政新党の党首となるというから驚きだ。

それもこれも、急に解散風が吹いたからなのだが、それにしても小池氏は変わり身が早いというか、強欲というか、都知事という立場を忘れているかのようだ・・・

もちろん、都議選で『都民ファーストの会』を大勝させた小池氏の登場は、衆院選を戦う上で大きなカギとなり、今その動向が注目されている。

そこで早速、離党者続出でズタボロの『民進党』が食いついた。

一応、腐っても野党一党、名前は変えども、かつては政権を握ったこともある政党が、昨日今日立ち上げた新党(小池様)に「お伺いを立てる(すがる)」という、なんとも情けない展開に・・・

もはや政治理念などはなく、目的が政策ではなく、安倍下ろしでしかなくなった政党の「成れの果て」といった所だろう。

情報錯綜のドタバタ劇

民進、希望に合流へ=小池氏、安保で候補選別

民進党の前原誠司代表は、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」との事実上の合流を決断。民進党の衆院選候補者が望めば、希望から出馬させたい考えだ。小池氏は安全保障政策などの一致を条件に候補を選別する方針を示した。

出典:時事通信社

ほう、民進を割ってでも「そっちに行くのか」と思ったら・・・

小池知事 「民進党との合流は全く考えてない」

小池知事は27日夜、記者団に対し、「民進党側から、いろいろと呼びかけはあったと聞いているが、そもそも『党としてうんぬん』は、こちらは、全く考えていない。どういうふうな対応をとられるかは、先方が考えることだ」と述べ、党どうしの合流はありえないという考えを示しました。

出典:NHK

え!テレビ報道でも決まったみたいな感じだったけど片思い?

<衆院選>民進党の前原誠司代表が無所属で出馬へ

民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ

前原氏は「どんな手段を使ってでも安倍政権を終わらせる。野党がバラバラでは選挙に勝てない」などと述べ、民進党が届け出政党とはならず、公認候補を擁立しない方向で調整している。

同党の立候補予定者のうち希望者が、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)から立候補することを容認する方針を固めた。事実上、民進党が解党し、希望の党に合流することとなる。

出典:毎日新聞

あーもう放り投げたな前原氏は・・・離党容認、解党やむなし。

だったらなぜ代表に立候補したんだ?

(この時の掛け声はどこに・・・)

まあ、そもそも民進党はリベラルに引っ張られすぎて共産党に近づいた所から、益々おかしくなったので、この流れは必然なのかなと・・・

もう中道ですら嫌気がさす状態だったようだし、当然、そんな状況で保守が居られるはずもなく、これまで、嫌でも党に従い自民の政策すべてを否定し、維新には馬鹿にされ、行き場を失っていた所にようやく訪れたチャンス。

むしろ『希望の党(小池氏)』は、自民党の受け皿ではなく、民進党の保守議員にとっての救世主という感じだろう。

二大政党のあり方

さて、このように『希望の党(小池氏)』に出現で、ようやく民進党の保守議員が解放された分けだが、面白くないのは共産党だろう。

徐々に引き寄せ引き寄せ、衆院選でも選挙協力しようかとの思惑は一気に吹き飛んだ。

おそらく、この流れに一番ショックを受けているのは、自民ではなく共産党かもしれない。(野党の再編が、リベラル、もしくは左派ではなく、保守によって行われようとしているのだから・・・)

いち国民としては、自民党を脅かす保守政党が生まれようとしていることは素直に歓迎したい(政権を任せられるかは別として)

本来、二大政党というのは、極端な考えの違いは危険で、多少、右寄り、左寄りはあるだろうが、まず野党は受け皿になりたければ、中道(真ん中)に居なければならない。

綺麗事(きれいごと)」で、国を守ることは出来ない(それは民主党政権の時に痛いほど感じたはず)

どんなに思想が左に寄っていようと、いざ政権を取り、外交、安全保障に向き合えば「保守」にならざるを得ない。

程度は違えど「国民の8割は保守」と言われる日本において、その辺に関しては、だいたい国民も分かっていることで、当然、それを無視したような再編は望まなかったということだ。

情勢は流動的、面白い政局に期待

小池氏にとっては千載一遇のチャンスであり、おそらく、この機会を逃せば、国政の中心に戻ることも、女性初の総理大臣になることも出来ないだろう。

もはや都政に興味はないかもしれない。

こうした動きがどう捉えられるかも見ものだが、そういった意味でも、今回の選挙は政局として非常に興味深いし面白いものになりそうだ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

【スポンサーリンク】

  1. 2017-11-28

    ACL優勝でも露骨なベストイレブン外し!それが意味する浦和レッズの凄さとは?

    先日、ACL(アジアチャンピオンシップ)決勝『浦和vs.アル・ヒラル』の第2戦が浦和のホーム、埼玉ス…

注目記事

  1. 出典:BRODY編集部 on Twitter 『乃木坂46』の中元日芽香(21)が、NHKラジオ第…
  2. 民進党の山尾志桜里氏は、今月7日発売の週刊文春(9月14日号)で、倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑を報じ…
  3. 金子恵美(総務政務官)が 税金で運用される公用車で長男を保育園に送るなど、私的な目的のため使用したと…
  4. 出典:鹿島アントラーズオフィシャル 今年、ACLの予選をグループ1位で突破した鹿島アントラーズ。ベ…
  5. 自民党の若狭勝衆院議員(東京10区)が29日、自身の進退伺を党(下村博文幹事長代行)に提出した。 …

おすすめ記事

  1. 2017-5-12

    手を触ったら痴漢?疑われた男性がビルから転落死の真相は?線路内逃走も続発!

    最近、電車内での痴漢を疑われ、駅のホームから線路に侵入し逃走するという、類似の事例が相次いでいる。そ…
  2. 2017-4-23

    【中川俊直】自民離党でも他人に厳しい〖民進党〗蓮舫代表「幕引き許さん!」

    不倫や重婚疑惑を報じられた『中川俊直』前経済産業政務官は、自民党に離党届を提出し、受理された。彼のや…
  3. 2017-5-8

    【差別】京都で韓国人俳優がヘイト被害?勝手に配信されたラーメン店は大迷惑!

    韓国人俳優のユ・ミンソンなる人物が、京都市内を歩きながらネットの生配信をしていたところ、差別的な暴言…
  4. 2017-5-2

    【文化財に油】浜離宮のシミはオリーブオイル?また模倣犯か!でも実は・・・

    2015年頃から、寺院などの文化財に油をかけられたようなシミが発見され、騒動になっていることは記憶に…
  5. 2017-4-19

    【韓国】北朝鮮情勢に危機感なし?有事を警戒する日本に「煽るな!」と文句

    現在、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイルの発射試験に対する、アメリカの現政権(トランプ大統領)の強硬…
ページ上部へ戻る