〖DAZN〗Jリーグ新時代ダ・ゾーン!テレビ視聴には不向き?生中継の画質を検証

2017年、Jリーグの新シーズンが幕を開けた。

だが今年は、毎年訪れるシーズンの始まりとは少し違い、希望の中にも戸惑いを持って迎えなければならない変化の年となる。

それは、2シーズン制、プラス、CS(チャンピオンシップ)から、再び1シーズンでの勝ち点争いへとレギュレーションの回帰。

去年の浦和と川崎の高レベルな年間勝ち点争いが無きものにされ、愚の骨頂であったCSが廃止され、単純な年間の勝ち点争いに戻ったことは歓迎されるところだが、それとは別に、試合の視聴環境が変わることによって、Jリーグ全体に資金面で劇的な変化が訪れることになるのだ。

黒船、DAZN(ダ・ゾーン)

これまでJリーグは、スカパーが独占的に中継を担ってきた。それが今年から、スポーツの動画配信を専門とする『DAZN』(ダ・ゾーン)という所が、J1、J2、J3のすべての試合を中継することになる。

DAZNとは
家でも、外でも、ライブでもオンデマンドでも、DAZNでは好きなスポーツを、好きな方法で、好きなだけお楽しみいただけます。世界中のスポーツを、好きなチームやリーグを、魅力的な価格で、長期間契約を結ぶ必要なく、視聴することができます。

年間6,000以上のコンテンツを、いつでも再生、一時停止、巻き戻しながら自分のスタイルで、しかもコマーシャルなしで。DAZNはスマートテレビ、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのデバイスで、2016年、日本、ドイツ、オーストリア、スイスで視聴することが可能となります。

運営はPerform Group(パフォーム・グループ)というイギリスを拠点とした、国際スポーツメディア企業。

そして、この『DAZN』はJリーグと10年で、およそ2100億円という巨額の契約を結んだことで大きなニュースとなり「DAZNとはなんぞや」となったのだ。もちろんこの契約の前にスカパーは成すすべなく、Jリーグ中継を断念することになってしまった。

Jリーグにとっては、年間200億円という資金を手にすることは夢のような話。各チームへの賞金や強化費が数倍となり、リーグは間違いなく活性化するだろう。まさに新時代の幕開けともいえる大きな転換点だ。

だが、単純にスポーツ(サッカー)とお茶の間(サポーター)を繋ぐという意味で、必ずしも順風満帆とは行かない問題点も浮かび上がる。

実際の生中継を体験

『DAZN』は『スカパー』のような、衛星から電波を受け、テレビのチューナーを介して映し出されるものではなく、インターネット回線から送られてくるデータを、パソコンやスマートフォン、またはタブレットなとで処理をして映し出される。

そうなると安定したネット回線と、デバイスのスペックが求められる。もちろん、高画質の配信に成ればなるほど要求されるものは高くなる。

これまでのように、単純に大画面の良いテレビにアンテナを繋ぐだけでハイビジョンの高画質というわけにはいかないのだ。

そして不安の中開幕したJリーグ。早速、いち早く開始された「横浜マリノスvs浦和レッズ」の試合で『DAZN』の生中継を体験してみた。

筆者の環境は、40インチのテレビに、以前から「Amazonプライムビデオ用」に使用していた「Fire TV Stick」があるので、それに『DAZN』アプリをインストールすることで視聴できる。

☆結果☆

~回線状況~
止まって固まる・・・

~画質~
ハイビジョンとは程遠い・・・下手したらDVD以下・・・フレームレートも23fpsにも満たない?くらいでカクつくというスポーツ中継として致命的。

☆感想☆

動画の標準は29fpsだが、4Kで60fpsの時代になっていくと言われる中、全く臨場感のない粗い映像にガッカリするばかりか、頻繁に止まる回線に試合を見るどころではなかった。この環境では、スカパーと比べると泣きたくなるレベル。

それからテレビは諦めて、20インチモニターを使用するPCでの視聴に切り換えた。

止まったり、カクつきはあるが、固まって操作が出来なくなるという事態は避けられ、画質も、一応はハイビジョン配信されていることは感じられるので、やはりデバイスのスペックに依存するのだろう。

Fire TV Stick」+「テレビ」では残念ながら目が疲れるだけで見るに堪えない。PCでなんとか視聴には耐えられるというレベルだ。

この結果から見ると、満足のいくテレビ視聴が出来る世帯は限られ、現在の所は、主にスマホやタブレットを対象にしたサービスでしかないといえる。

DAZNは公式ホームページで午後4時50分から約20分間、画面が頻繁に止まったことなどを謝罪。Jリーグの現場担当者は「ネットの環境によって見られた、見られなかったという声はある」と説明し、村井満チェアマンは「今後はWi-Fi(ワイファイ)環境の整備を行政とも協力してやっていきたい」と約束した。

出典:SANSPO.com

「ネットの環境によって見られた、見られなかったという声はある」というが、我が家では、少なくとも光回線で、安定して60Mbpsくらい出ている環境でスムーズに見られなかったのだから、問題は『DAZN』のサーバーではないのか?

現状では厳しい環境

ハッキリ言って、今までスカパーを大画面テレビで見ていたユーザーは途方に暮れるしかない。インターネットなど詳しくない年配のサッカーファンは戸惑っていることだろう。

スポーツのテレビ観戦は、超高画質、臨場感を高めようという時代になっていくはずなのに「いつでも、どこでも」といった便利さを優先させてしまって、結局、時代は進んだのか、逆行したのかが分からない状態になってしまった。

もちろん『DAZN』も長期的に考えているので、将来的に4Kでの配信も予定されているが、その環境に合わせるにはやはりユーザーに求められるものも高くなるので、切り捨てられる人が出てしまうだろう。今でも相当切り捨てられたと思うが・・・

「好きなチームのサッカーを大画面のテレビで見たい」そんな普通のことが難しくなってしまったのは、本当に「時代だからしょうがない」ことなのだろうか・・・

褒めるべきところは料金面だけ。

今のところお財布にだけは優しい『DAZN』。

『スカパー』なら、Jリーグパックで基本料合わせて月3000円以上かかっていたが、『DAZN』になって月1780円(ドコモユーザーなら980円)それにサッカーだけではなくF1やラグビー、バレーボールなど見られるコンテンツは幅広い。

だが、おそらく現状、Jリーグとしては失った視聴者の方が多いだろう。(スカパーから移行できなかった人)これからどう挽回していくのかが見ものだが、来週から『DAZN』1本しか選択肢がないと思うと憂鬱だ・・・

ちなみに今節の「横浜マリノスvs浦和レッズ」戦は、テレビ埼玉(テレ玉)でも中継していた為、そちらの方でも同じ「Jリーグ(DAZNと共に)」で制作された映像を見られたが、動きも滑らかで感動的に画質は綺麗だった。

おそらく4Kに対応したカメラで中継されていた?為か、地デジでも画質の向上が感じられた。もちろん『DAZN』との画質の違いには愕然としてしまったが・・・やっぱり安いのには理由があったのかと・・・不安な新時代の幕開けだ~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサードリンク】

  1. 2017-9-21

    安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…

注目記事

  1. 2017年、Jリーグの新シーズンが幕を開けた。 だが今年は、毎年訪れるシーズンの始まりとは少し違い…
  2. 出典:ザテレビジョン 通常放送を1回休み、今月、5月7日(日)に『世界の果てまでイッテQ!シャッフ…
  3.  元『モーニング娘。』のメンバーでタレントの石黒彩(38)が、テレビ東京「ヨソで言わんとい亭~ココだ…
  4. ドコモのCMで「ししゃも?」・・・といった名前が出てきて、だれもが美味しい「ししゃも」を想像したとこ…
  5.  フジテレビ系報道番組「ユアタイム」。今年4月から、一新された平日夜のニュース番組だが、スタート前か…
ふるさと納税 さとふる

おすすめ

  1. 2016-5-11

    相武紗季の結婚に祝福ムードなし?次々報じられる夫の素性に困惑

     世間はゴールデンウィーク真っ只中の今月3日、女優の相武紗季さんが結婚を発表した。年齢も30歳になり…
  2. 2016-12-20

    ガッキー〖逃げ恥〗惜しまれ最終回!メディアの不自然なブーム作りも質で成功?

    TBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、逃げ恥)(火曜10時)が、いよいよ最終回を迎えた…
  3. 2017-2-2

    給食の【白玉団子】喉に詰まらせたら誰のせい?子供には予測できない事故も

    栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  4. 2017-4-24

    【ミになる図書館】なぜゴールデンに?生放送で中居君の妙なテンションに不安

    『中居正広のミになる図書館』が、4月24日からゴールデン進出となる。初回は夜7持から2時間スペシャル…
  5. 2016-10-12

    南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
ページ上部へ戻る