外国人が肌で感じた日本と韓国の違い!住むならどっち?

昨年(2016年)に、日本を訪れた外国人の数は2000万人を超え、2400万人にも達したというニュースが聞かれる昨今。

東京や大阪などの都市部や、主要な観光地に行けば、明らかな外国人の増加を実感することが出来る。

そんな、数年前とは明らかに違う状況の変化に、改めて外国人が日本という国を訪れる理由や魅力が気になるところだ。

外国人夫婦が感じた日韓の差

実際、日本に滞在している(したことのある)外国人の目に、日本での日常や日本人はどのように映ったのか、ある興味深い動画がある。

それは、カナダ人夫婦のYouTubeチャンネル『Simon and Martina』(サイモン&マルティナ)で語られていた。

彼らは、韓国に7年住んだあと、2016年にから日本(東京)へ移り住んでいるというYouTuber(ユーチューバー)。

そこで、日本に来て約1年が経ち、実際に暮らして感じた日本と韓国の違いとは・・・

また、どちらが好きかを選んだ結果は・・・


【Japan or Korea: Did We Make the Right Choice?】

韓国で7年も暮らしていたのだから、それなりに愛着や居心地の良さも感じていたのだろう。そうでもなければ7年も、自分の生まれ育った以外の国で生活することは難しいはずだ。

そして韓国を離れ、日本へやってきた。

同じ東アジアの隣国である日韓だが、日本へ来て韓国との違い、暮らしの変化は彼らの取っては非常に大きなものだったようだ。

落ち着いた日本に怒りの韓国

日本に来てまだ1年の2人だが、韓国にいた時、または自国のカナダでの生活と比べても「いままでの人生で最高の1年だった」と言うほど、日本での暮らしの充実ぶりが伺える。

一方、これまで7年も暮らした韓国を「ディスって」いるのが印象として強い動画だ。

日本と韓国、選ぶならどっち?

日本に来てほぼ1年が経ち、日韓両国に長期間住んだ経験を、動画で紹介している彼らに寄せられる質問で一番多いのがこれらしい。

そして、その答えは「簡単に出た」という。

ズバリ「日本を選ぶ!」

その理由は?そんな彼らが挙げた日韓の違いとは一体・・・

◇  ◇  ◇

1、隣人、そして音

日本で彼らが居住している場所では、隣人との触れ合いがあり、歓迎されていると感じるが、韓国では隣人との接触が一切なかった。

そして騒音。日本の街はとても静かで、朝も良く眠れる。

韓国では、どこに住もうが朝からクラクションやら叫び声で起こされるくらい騒々しい。

2、お店での対応

韓国では、どこに行っても怖がられているように感じられ、韓国語で注文をしてもイントネーションがおかしいと「あはは」と笑われることもある。

そういった好奇な目に、自分たちが「汚いものになったかのような気分だった」とし、これが韓国にいて一番嫌だった。

一方、日本では、だいたい片言でも察してくれるし、下手な日本語でも不思議と通じるため、色々なところで歓迎されていると感じる。

3、仕事の環境

日本に来てからは信頼できる会社に、事務的な仕事を任せられる為、ビジネス環境が良くなった。

韓国では、信頼できる会社が無かったのか、自分たちですべてをこなさなければならず、移民ということから、時に嫌な目に合う事もあった。

4、交通マナー

韓国ではクラクションが鳴り響き、乱暴な運転、違法駐車に信号無視など、知人が酷い事故にあったこともあり、トラウマになるほど危険を感じる。

そういった経験から、日本に来た当初はビクビクしていたが、タクシーも安全運転だし、みんな落ち着いた運転をしているため、道路も安心して渡れる。

◇  ◇  ◇

こうして挙げられた、外国人が実際に生活して感じた日韓の違いは非常に興味深かいし、国民性が透けて見える。

最後には、散々、嫌だったと言った後に「感じ方は人それぞれ」だと韓国をフォローはしているが・・・

両国を要約したイメージは?

日本は「落ち着いた国」

韓国は「怒りのエネルギーの国」

これが、2人が感じた両国の印象という事になる。

最近のパク・クネ関連の話題やデモ、また反日の報道を見るたび、韓国はいつも何かに怒りをぶつけているような印象が日本人にもあるだろう。

それを、実際7年も住んだ外国人が、大統領や財閥、反日のみならず、日常でも怒りに溢れている国だという事を指摘している。

そして、割と閉鎖的だと思っていた日本は、意外と地域のコニュニティーでも外国人は受け入れられているようで、これらは、外国人からしても、単なる観光だけでは分からない部分だろう。

もちろん、日本も韓国もすべての場所、地域で同じ印象を持つ分けではないだろうが、偏見無く、率直に外国人(欧米人)が肌で感じたものとしての意見は非常に興味深い。

また、彼らが紹介する他の動画も見てみたい!

 ↓注目の最新記事↓
【森友学園エンターテイメント】疑惑?橋下徹が語る、政治と行政の関わりと心理

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサードリンク】

  1. 2017-9-11

    格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…

注目記事

  1.  先日、安倍晋三首相の所信表明演説中に、自民党議員らが立ち上がって拍手した事を問題視した野党が、27…
  2.  フジテレビ系報道番組「ユアタイム」。今年4月から、一新された平日夜のニュース番組だが、スタート前か…
  3.  平凡?カッコ悪い?書きずらい?下の名前なら、両親の思いや、その時代の流行りみたいなものが含まれてい…
  4.  先月の4月2日、イギリスのウェンブリー・アリーナ(SSEアリーナ・ウェンブリー)でのライブを成功さ…
  5. TBS系連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、逃げ恥)(火曜10時)が、いよいよ最終回を迎えた…
ふるさと納税 さとふる

おすすめ

  1. 2017-1-26

    ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  2. 2017-2-11

    【無印良品】歯ブラシスタンドがペン立てに!使い方色々ミニ植木鉢に多肉植物も

    出典:ギャザリー 人は、無印良品のお店を見かけると、目的が無くともフラ~と入って眺めてしまうもの。…
  3. 2017-2-8

    【私立恵比寿中学】松野莉奈さん急死に広がる悲しみ…インスタの姿になぜ?の声

    アイドルグループ『私立恵比寿中学』(エビ中)の松野莉奈さんが、今月8日朝に亡くなった。その報道が伝わ…
  4. 2016-10-13

    【東京五輪】カヌー会場が突然「長沼ボート場」に?選手のモチベーションが心配

     2020年の東京オリンピックまで、あと4年を切った。リオが無事に終わり、世界中のアスリートの気持ち…
  5. 2016-9-24

    『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
ページ上部へ戻る