好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

 先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の北川景子さん。一時は中止が検討されたとも言われたが、予定通り、多くの有名人を招き、近年まれに見る大きな披露宴が行われた。そこで歌った「KSK」とは?

いったい誰に向けた曲?プロポーズ曲の「KSK」を一般販売!

 K = 結婚

 S = して

 K = ください

 という、いわゆる「DAI語」とか言う、アルファベットを使った略語(DAIGOの持ちネタ?)らしいが、この「KSK」(結婚してください)という曲は、披露宴で北川景子に向け、DAIGOが歌ったもので、いわば個人的なプロボーズの意味合いが強い。

 それがテレビでも取り上げられ、「歌を贈るなんて素敵」「やっぱりミュージシャンなんだなぁ」といったように、世間からは、割と好感を持って見られていた。

 そして披露宴後、DAIGOは自身のブログで、ファンにこうお伺いを立てている。

ちなみに
K S K
音源化
したほうがいいかな?どうかな?
意見
聞かせて
 
DAIGO
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 う~ん。なんか白々しい聞き方のような気がする。

 そして、約2週間後には・・・

K S K
が配信 & リリース決定しました。
一生懸命つくったこの曲がまさかの大反響で
CDをリリースしたくてもなかなか思い通りできないこの時代に
リリース決定
しかも5/20に
 
作ったときはこうなるなんて思いませんでした。
 
レコード会社の方に
会社にも凄い問い合わせがきてる
いい曲だし、リリースしないか?と言われました。
 
そしてCDがほしい
フルが聴きたいというみなさんの声がたくさん僕に届いて
その期待に応えたいと思いました。
ファンのみんなは特にわかってくれてると思うけど
昔からニーズに応えたいタイプだし
ミュージシャンだから。
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 その気がなかった曲が、僅か3週間後にCDをリリースするといった、手際の良さ(用意周到)には関心する。 

 立派にPVまで完成しています!

【DAIGO「K S K」MV(Web Size Version)】

 個人的に彼の事は、ミュージシャンと言うよりも、タレントとしてのイメージが強いのだが、「昔からニーズに応えたいタイプだし、ミュージシャンだから。」なんて言い回しに、ちょっと引いてしまう。

 テレビでの印象としては、「チャラさの中に、育ちの良さというか、頭の良さ」を感じる部分があり、そのギャップにタレントとして受け入れられたのだろうが、ブログやSNSを見ると、かなりのナルシストっぷりを発揮していて、まさに本来の「ビジュアル系」の部分が垣間見える。

1605-28-01

 個人的には「さっぱりして、意外と男っぽいのかなぁ」といった印象で嫌いではなかったが、今回は、「結婚を利用している(商法)」といった声が上がっても仕方がないのかなとも思う。

 実際、PVの動画に対するコメントには、かなり辛辣なものも目立つし、熱烈なファン以外からは、各所で微妙な反応が多い。

 ただ、彼のバンド『BREAKERZ』はとても売れているとは言えないし、世間的に大半のイメージはタレントのDAIGOでしかない。

 本来の歌手として「認められたい、成功したい」という気持ちは大きいのだろうから、「少々大目に見ても良いのでは?」とも思う。

 歌詞に関しては、「個人的な想い」が詰まったものなので、今流行りの「第三者」が聞かされても、ウザったいだけだが、曲自体は良いですよ。

 確かに。

 この曲に、各々歌詞を変えて歌えば面白いと思うし、くさいセリフでも、歌に乗せれば言えちゃうのかもしれないから、結構使えるかも。

 結局、買うか買わないかは、自由なのだから、あまり「商魂たくましいよね」なんて、批判するのもバカバカしいだけなんですよね・・・本当は。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

お得情報(PR)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2017-10-17

    吉岡里帆はあざとい?注目の若手女優!CMに引っ張りだこでも意外と低い好感度

    『吉岡里帆』といえば、日清のどん兵衛のCMでは、頭にキツネの耳を付け、ホワッとした雰囲気と可愛らしさ…

注目記事

  1.  先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さん…
  2. ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  3. 今週の「週刊文春」にスッパ抜かれた、テレビ朝日のアナウンサー(以下、アナ)同士の不倫疑惑。それも、朝…
  4. 日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  5. 北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)の主砲『中田翔』が、今シーズンが終わると、FA(フリーエー…

おすすめ

  1. 2016-10-5

    【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  2. 2016-6-7

    映画『サブイボマスク』主演ファンキー加藤W不倫!特技はスピード子作り?

     元ファンキーモンキーベイビーズで、歌手のファンキー加藤(37)が不倫?また今年のトレンドに乗って現…
  3. 2016-12-21

    話題の【黒にんにく】気になる臭いと味をチェック!肝心の効果は?

    ニンニクが、滋養強壮に良いとか健康効果のある食材だということは皆が知るところだろう。だが、普段は料理…
  4. 2016-9-28

    〖早見あかり〗今やCMで見たいNo1女優!あの美人は誰?と気になる人が続出

     『早見あかり』という女優はご存じだろうか。名前は知らなくとも、その顔を見たことがある人は多いだろう…
  5. 2016-9-23

    歴史的うっぷんを晴らす?日本で水を出しっぱなしにした中国人の曲がった反日感情

     今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
ページ上部へ戻る