好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

 先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の北川景子さん。一時は中止が検討されたとも言われたが、予定通り、多くの有名人を招き、近年まれに見る大きな披露宴が行われた。そこで歌った「KSK」とは?

いったい誰に向けた曲?プロポーズ曲の「KSK」を一般販売!

 K = 結婚

 S = して

 K = ください

 という、いわゆる「DAI語」とか言う、アルファベットを使った略語(DAIGOの持ちネタ?)らしいが、この「KSK」(結婚してください)という曲は、披露宴で北川景子に向け、DAIGOが歌ったもので、いわば個人的なプロボーズの意味合いが強い。

 それがテレビでも取り上げられ、「歌を贈るなんて素敵」「やっぱりミュージシャンなんだなぁ」といったように、世間からは、割と好感を持って見られていた。

 そして披露宴後、DAIGOは自身のブログで、ファンにこうお伺いを立てている。

ちなみに
K S K
音源化
したほうがいいかな?どうかな?
意見
聞かせて
 
DAIGO
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 う~ん。なんか白々しい聞き方のような気がする。

 そして、約2週間後には・・・

K S K
が配信 & リリース決定しました。
一生懸命つくったこの曲がまさかの大反響で
CDをリリースしたくてもなかなか思い通りできないこの時代に
リリース決定
しかも5/20に
 
作ったときはこうなるなんて思いませんでした。
 
レコード会社の方に
会社にも凄い問い合わせがきてる
いい曲だし、リリースしないか?と言われました。
 
そしてCDがほしい
フルが聴きたいというみなさんの声がたくさん僕に届いて
その期待に応えたいと思いました。
ファンのみんなは特にわかってくれてると思うけど
昔からニーズに応えたいタイプだし
ミュージシャンだから。
出典:DAIGO オフィシャルブログ

 その気がなかった曲が、僅か3週間後にCDをリリースするといった、手際の良さ(用意周到)には関心する。 

 立派にPVまで完成しています!

【DAIGO「K S K」MV(Web Size Version)】

 個人的に彼の事は、ミュージシャンと言うよりも、タレントとしてのイメージが強いのだが、「昔からニーズに応えたいタイプだし、ミュージシャンだから。」なんて言い回しに、ちょっと引いてしまう。

 テレビでの印象としては、「チャラさの中に、育ちの良さというか、頭の良さ」を感じる部分があり、そのギャップにタレントとして受け入れられたのだろうが、ブログやSNSを見ると、かなりのナルシストっぷりを発揮していて、まさに本来の「ビジュアル系」の部分が垣間見える。

1605-28-01

 個人的には「さっぱりして、意外と男っぽいのかなぁ」といった印象で嫌いではなかったが、今回は、「結婚を利用している(商法)」といった声が上がっても仕方がないのかなとも思う。

 実際、PVの動画に対するコメントには、かなり辛辣なものも目立つし、熱烈なファン以外からは、各所で微妙な反応が多い。

 ただ、彼のバンド『BREAKERZ』はとても売れているとは言えないし、世間的に大半のイメージはタレントのDAIGOでしかない。

 本来の歌手として「認められたい、成功したい」という気持ちは大きいのだろうから、「少々大目に見ても良いのでは?」とも思う。

 歌詞に関しては、「個人的な想い」が詰まったものなので、今流行りの「第三者」が聞かされても、ウザったいだけだが、曲自体は良いですよ。

 確かに。

 この曲に、各々歌詞を変えて歌えば面白いと思うし、くさいセリフでも、歌に乗せれば言えちゃうのかもしれないから、結構使えるかも。

 結局、買うか買わないかは、自由なのだから、あまり「商魂たくましいよね」なんて、批判するのもバカバカしいだけなんですよね・・・本当は。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサードリンク】

  1. 2017-9-21

    安室奈美恵の引退発表がアムロ世代に与えた衝撃!時代の終わり?40歳の戸惑い

    『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…

注目記事

  1. 『アムラー』 90年代に青春時代を過ごした女子ならば、誰もが少なからず影響を受けたであろう『安室奈…
  2. 出典:お笑いナタリー 今年10周年を迎えたバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)…
  3. これまでSNSなどネット上での発言が元となり、炎上、失墜した人は数知れず・・・。そして「つぶやき」が…
  4.  早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  5.  パソコンの基本ソフト(OS)が、意図せず『Windows 10』にアップグレードしてしまうユーザー…
ふるさと納税 さとふる

おすすめ

  1. 2016-5-12

    <東京2020>五輪招致に裏金疑惑!でも逆にないと思ってた人いるの?

     2020年に開催が予定される東京オリンピック・パラリンピック。その招致を巡り、裏金の疑いがあるとフ…
  2. 2016-5-27

    好感度も急降下?DAIGO「KSK」リリースは結婚商法?興ざめとの声も

     先日、熊本地震の不安も覚めない中、結婚披露宴を開いた、歌手、又はタレントのDAIGOさんと、女優の…
  3. 2016-9-24

    『イッテQ』イモトアヤコがアイガー挑戦!視聴者の心配にも諦めないエベレスト

    日曜日の夜8時、家族で見るテレビ番組といえば、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』だ。かつて日曜…
  4. 2017-9-11

    格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…
  5. 2016-5-7

    不可避の交通事故でも容疑者として実名報道?の是非

     今月6日、東京・国分寺市で、生後7か月の赤ちゃんをおんぶし、自転車に乗っていた女性が乗用車と接触し…
ページ上部へ戻る