これを聞いて夏を乗り切れ!B’zの爽快「夏うた」10選(後編)

 前回は、まず5曲を紹介しましたが、「B’zはシングル曲くらいしか知らない」という人や、それこそ「Ultra Soul」などの「有名曲はかろうじて知っている」程度の人にも、少しでも興味を持ってもらえるよう、後編の5曲もおつきあいください!

まだまだあるぞ!「B’zの夏うた」発掘

1606-04-01

「SURFIN’ 3000GTR」
 12thアルバム『GREEN』(2002年7月)

 これも、先に紹介した「Blue Sunshine」と同アルバム『GREEN』に収録。

 サーフィンという「どストレート」に夏を感じさせるタイトル。

 ノリが良くて、アレンジも遊びがあって面白い。

 B’zの曲の中で、いちばん夏全開と言える曲かもしれない。

「旅☆EVERYDAY」
 35thシングル『野生のENERGY』(2003年7月)

 B’zは、シングルのカップリングにも名曲や人気曲が多くあるが、この曲はカップリングの中でも、かなり「埋もれた名曲」の部類に入る。

 ファンでもかなり玄人が知っているといった程度だが、軽快で夏にピッタリ。

 まさに「旅」をしたくなるような楽しい曲で、埋もれさすには勿体ない。

「恋のサマーセッション」
 15thアルバム『MONSTER』(2006年6月)

 B’zの曲の中では、かなりチャラついた曲。

 ライブツアー「B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”」でも、女子高校生風のバックダンサーを従えるという、B’zのライブでは珍しい演出で披露されている。

 学生時代の「夏の恋」がテーマで、軽い感じの曲なので、同アルバムのタイトル曲「MONSTER」の激重なサウンドとの対比が面白い。

「KARA・KARA」
 11thシングル『ZERO』(1992年10月)

 これも、カップリング曲として埋もれてしまっている曲。

 カラカラというタイトルから、喉の渇きなんかを想像してしまうが、内容的には、好きな女性を想い「欲している」といったもの。

 しかし、その軽快なサウンドとタイトルから、夏の渇きをイメージさせるので、少々強引だが選んでみた。

「Endless Summer」
 51thシングル『有頂天』(2015年1月)

 最後に、最近の曲で締めたいと思います。

 25周年のライブツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-」のオープニング曲として披露。

 過去のヒット曲を披露するベスト的な公演において、この初出し曲で登場するくらい強い曲。

 もちろん評判も良かったので、シングルとしての発売も考えられたが、カップリング曲として収録。

 これほどクオリティの高い曲が、シングル曲に隠れて存在しているのがB’zのすごい所。

 だが、個人的にはCDのアレンジより、ライブバージョンの方が好き。

以上、前・後編10曲の選曲いかがでしたか?

 収録されているアルバムや、シングルのカップリングは多岐にわたり、必ずしもベストアルバムを1、2枚手に入れれば聞けるというレベルではないので、少々ハードルは高いと思います。

 ただ、B’zの隠れた名曲を知ってもらう為の一環として、今回は「夏うた」にフューチャーし紹介させて頂きました。

 今年の夏、レジャーやドライブは「B’z」と共に!

 また新たな発見があるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【スポンサードリンク】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【スポンサードリンク】

  1. 2017-9-11

    格安SIMでスマホデビュー?自身の環境や使用状況を知り、適性な通信費を選ぶ!

    時代は「携帯=スマートフォン(スマホ)」というのが、世の中の標準となって久しい。 従来の携帯電話は…

注目記事

  1. 栃木県真岡市で、給食の白玉団子をのどに詰まらせ、その後、亡くなった小学生の男の子の遺族側が、市に対し…
  2.  今や、世界の観光地には中国人観光客で溢れていて、その国の観光産業に多大な影響を与えるまでになってい…
  3. アイドルグループ『私立恵比寿中学』(エビ中)の松野莉奈さんが、今月8日朝に亡くなった。その報道が伝わ…
  4.  先日、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、アイドル活動をしている冨田真由(20)さん…
  5.  早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
ふるさと納税 さとふる

おすすめ

  1. 2017-6-13

    車の屋根から財布が落ちた!拾ったライダーが取った行動は?そしてまさかの○○!

    車での「あるある」として、荷物を積み込んだり、セルフのガソリンスタンドで給油をする時、財布や携帯、ま…
  2. 2016-6-18

    <麻生太郎>失言?高齢者を軽視?論点をずらして揚げ足取りばかりの呆れたメディア

     先日、麻生太郎(副総理、兼財務大臣)の、高齢者に対する発言が問題とされ、複数のメディアが取り上げた…
  3. 2017-1-26

    ONE OK ROCK(ワンオク)Takaの苦言がファンに波紋!スターに問われる器

    ONE OK ROCK(ワン オク ロック)略してワンオクと呼ばれる、日本の新しい世代を代表するロッ…
  4. 2016-10-5

    【ノーベル賞】なぜ韓国は取れない!期待しても受賞どころか候補さえ居ない?

     早いもので、今年も『ノーベル賞』ウィークがやってきた。そして、ノーベル医学生理学賞を、大隅良典(東…
  5. 2016-10-12

    南海電鉄の車掌アナウンスで外国人差別?テレビの厳しい論調に疑問も

     今月、南海電鉄の「なんば駅」から、関西空港行きの空港特急車内にて、車掌からあるアナウンスがされたと…
ページ上部へ戻る